池上彰、働きすぎて「来年倒れるかも」発言に相内アナがリアルなツッコミ

写真拡大

テレビ東京の新春報道特番『池上彰の2018世界を見に行く』(2018年1月3日17:55〜)の取材会が行われ、司会を務める池上彰が出席。多忙だった今年1年を振り返り、「働き方改革というのが声高に叫ばれてわたしも反省しています。働きすぎだったなって。来年はもう少し働き方を考えないといけない(笑)」と話した。

仕事始めを翌日に控えたニッポンのビジネスパーソンのため、毎年1月3日に放送されている同番組。今回は「北朝鮮のミサイル問題」と「トランプ大統領の登場で分断されるアメリカ」という2つのテーマが取り上げられる。会見には同局アナウンサーの大江麻理子、相内優香も出席した。

池上の「働きすぎだった」という発言に、相内アナは「テレビ東京が随分働かせてしまったのでは……」と申し訳なさそうな表情を見せる。池上は「その通り!」とコメントしつつ、「選挙特番も毎回毎回視聴率で民放トップ。視聴率をとれて当たり前という風になっていたので、その中で新しいものを作り出さないといけないなと、みんなといろいろと考えながら作りましたね」としみじみと述懐した。

また、今年1年の漢字を問われると「忙」と答え、「心を亡くすと書きますよね。すでに亡くしているんじゃないかな。テレビ東京がまた来年いろいろ言ってくるだろうし」とため息。相内アナが「来年も走り続けてください」と慌ててフォローしたが、「バタンと倒れてしまうというオチかも(笑)」とおどけて見せた。さらに相内が「その時はすぐに緊急搬送しますから」と話すと、「おいおい、そこまで言うとリアルになる(笑)。その手前で止めないと。それがあなたの来年の課題かな」と助言する一幕もあった。

2018年について、池上は「2017年の延長線上で始まるだろうと考えると、やはり2017年をもう一度じっくりと見ないといけない。北朝鮮問題やトランプ大統領就任から1年のアメリカを実際に見に行き、世界の問題だけど人ごとではないぞという思いで、この番組に取り組んでいました」と本番組について語った。「北朝鮮と韓国の軍事境界線は何度も行っているのですが、見た目はそう変化はない。でも今回一緒に行った小島瑠璃子さんや宮崎美子さんの反応が新鮮でした。楽しみにしていてください」と見どころをアピールした。