【堤川聯合ニュース】韓国中部の忠清北道堤川市のスポーツセンターで21日午後3時35分ごろ、火災が発生した。忠清北道消防本部によると、午後9時半現在、29人の死亡が確認され、26人が負傷した。

 スポーツセンターは8階建てで、サウナ(2〜3階)、フィットネスクラブ(4〜7階)、レストラン(8階)が入っており、犠牲者のうち、20人の遺体が2階のサウナで見つかったという。火元は1階の駐車場とみられる。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、迅速な消火・救助活動を指示した。政府は堤川市庁に現場対応支援団を設置する方針だ。