【堤川聯合ニュース】韓国中部の忠清北道堤川市のスポーツセンターで21日午後、火災が発生し、これまでに20人が死亡、24人が負傷した。消火活動は現在も続けられており、死傷者の数はさらに増える可能性がある。

 スポーツセンターは8階建て。忠清北道消防本部によると、同日午後3時53分ごろ、1階駐車場に止めてあった車から出火し、建物全体に燃え広がった。

 死亡した20人は2〜3階のサウナから逃げ遅れた利用客とみられる。