坂本花織【Getty Images】

写真拡大

坂本が宮原を僅差で押さえて首位発進、GPファイナル出場の樋口は4位

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、坂本花織(シスメックス)がシーズンベストの73.59点で首位。大会3連覇中の宮原知子(関大)は73.23点で2位、本郷理華(邦和スポーツランド)が70.48点で3位。樋口新葉(日本橋女学館高)は68.93点で4位、最終滑走の本田真凜(関大高)は66.65点で6位だった。先のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで国際スケート連盟(ISU)公認大会で女子史上初のトリプルアクセル(3回転半)-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた紀平梨花(関大KFSC)は66.74点で5位に入っている。

 14番滑走で登場した全日本ジュニア選手権女王の紀平は、冒頭のトリプルアクセルを完璧に成功。3回転ジャンプ1本が回転不足になってしまったものの、「カンフーピアノ」に合わせて華麗なパフォーマンスを演じ、66.74点をマーク。12月のジュニアGPファイナルでISU公認大会で女子史上初のトリプルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプを成功させた15歳のニューヒロインが、シニア初の全日本選手権で存在感を示した。

 紫の衣装をまとった四大陸選手権覇者の三原は、最初の3回転-3回転の連続ジャンプに成功するも、中盤のダブルアクセルでミス。演技後には厳しい表情で肩を落とす場面も見受けられ、得点も64.27点だった。

全日本女王・宮原はノーミス演技で73.23点…本田はジャンプミスで得点伸びず

 24番手の坂本は、後半にジャンプを固めた難易度の高い構成に挑戦。鮮やかなスピンとステップに加え、3回転-3回転を含めた3本のジャンプをすべて成功させると、演技を終えた瞬間にガッツポーズが飛び出した。シーズンベストの73.59点で、この日初の70点超えを果たしている。

 GPファイナルに出場した樋口は、冒頭のジャンプが抜けてしまうミス。その後、3回転-3回転の連続ジャンプを成功させるなど立て直し、スピンや表情でも魅了したが、得点は70点台に届かず68.93点だった。

 大会3連覇中の宮原は冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプに成功。スピンやステップでも安定した演技を見せてミスなく演技をまとめ、坂本に続く73.23点をマークした。続く本郷は、冒頭の3回転-3回転の連続ジャンプから迫真のパフォーマンスを披露。華麗にステップを決めて演技を終えると、会場からは大きな拍手が起こり、思わず目元を拭う場面も。得点も70点の大台を超えて3位につけた。大トリを飾った本田は、3回転-3回転に成功するも、後半のジャンプで転倒。66.65点で6位だった。

 日本女子勢は平昌五輪の出場枠は「2」。五輪最終選考会となる全日本選手権は優勝者が五輪出場内定となるだけに、頂点を巡る“銀盤の妖精”たちの争いは、23日のフリーでいっそう熱を帯びそうだ。

【SPの主な順位】

1位 坂本花織 73.59点
2位 宮原知子 73.23点
3位 本郷理華 70.48点
4位 樋口新葉 68.93点
5位 紀平梨花 66.74点
6位 本田真凜 66.65点
7位 三原舞依 64.27点
8位 白岩優奈 63.33点(THE ANSWER編集部)