SPで演技する三原舞依=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・高部洋祐)

写真拡大

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、三原舞依(18)=シスメックス=は64・27点で7位発進となった。坂本花織(17)=シスメックス=が73・59点で首位に立った。

 三原は演技中盤のダブルアクセル(2回転半)でまさかの転倒。毎日最低1回ノーミスをノルマに練習してきただけに「跳び急いでしまった。悔しい。緊張や雰囲気に飲まれたわけじゃないと思うけど…」とがっくり肩を落とした。しかし「切り替えてフリーを迎えたい」。懸命に顔を上げ、大逆転劇を目指す。

 三原は今年の四大陸選手権で優勝。今季の世界ランクは11位で、昨年の全日本選手権は3位だった。

【女子SP順位】1位=坂本花織 73・59点

2位=宮原知子 73・23点

3位=本郷理華 70・48点

4位=樋口新葉 68・93点

5位=※紀平梨花 66・74点

6位=本田真凜 66・65点

7位=三原舞依 64・27点※紀平は年齢制限で平昌五輪の出場権はない。