多くの旅行系企業にとって、今年は「ビッグデータ」がキーワードとなった。今年、旅行サイトの途牛や携程などが続々とビッグデータを活用するようになっている。写真は中国の観光客。

写真拡大

多くの旅行系企業にとって、今年は「ビッグデータ」がキーワードとなった。今年、旅行サイトの途牛や携程などが続々とビッグデータを活用するようになっている。 北京商報が伝えた。

業界の競争が熾烈になってきており、消費者を呼び込むために、各企業はブランドマーケティング、サービス、販売促進に多額の資金を投じなければならない。しかし、ユーザーがいろんなサイトに分散し、旅行サイトのユーザーを獲得するためのコストは膨らむばかりとなっており、多くのユーザーを獲得して利益を上げるために、各サイトは四苦八苦しながら対策を講じている。

同程旅游と中国交通報が共同で発表した「2018年春運(春節<旧正月>期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)ビッグデータ報告」によると、春節(2018年は2月16日)前の30日間に切符購入が殺到している。2017年の春運には延べ29億8000万人が移動し、18年はその数が延べ30億人を突破すると予想されている。これほど多くの人が移動するため、同程旅游は18年の春運には、多くの消費者が少なくとも1回は乗り換えをしなければならないと予想している。同社が最近打ち出した「スマート春運」はデータを分析し誕生した商品で、ビッグデータ活用の重要な一歩でもある。旅行サイト「Mafengwo旅行網」は、個人旅行をめぐる45種類のテーマのデータ報告を発表しており、その内容は、消費行為、グループ別の好み、旅行評価、旅行業界の細分などを含んでおり、消費の刺激につなげている。その他、携程や途牛なども旅行ビッグデータを発表し、スマート旅行実現のためのプランを打ち出している。

中国社会科学院旅游研究センターの特約研究員・楊彦鋒氏は、「現在、旅行ビッグデータには、非常に大きな商用価値があり、ビッグデータを活用すれば、企業の競争力を向上させることができる。また、ビッグデータの運用は提携・開発に使用できるほか、商品として販売することもできる」と指摘した。

各旅行サイトがビッグデータの開発へ力を注いでいることは、データを使ったマーケティングを行っているとして見ることもできる。旅行サイトの競争は現在、非常に熾烈で、ユーザーを獲得して利益を出すためのコストも膨らむばかりだ。そのため、新たな手段を講じてユーザーを呼び込む必要が高まっている。業界関係者は、「旅行サイトのデータ化応用は急速に進んでいることが分かる。旅行データは普及が進んでいるが、旅行サイトには、データ過剰、消費者の普及度不足などの課題も残っており、今後は、本当の意味で発言権と集客力を持つサイトがビッグデータを活用して利益を出すだろう」と分析している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)