20日、米華字メディアの多維新聞は、米国とカナダが19日、来年1月16日にカナダ・バンクーバーで北朝鮮問題を協議する国際会議を開くと明らかにしたことに関連し、日本は意外にも参加に消極的なようだと伝えている。資料写真。

写真拡大

2017年12月20日、米華字メディアの多維新聞は、米国とカナダが19日、来年1月16日にカナダ・バンクーバーで北朝鮮問題を協議する国際会議を開くと明らかにしたことに関連し、「日本は意外にも参加に消極的なようだ」と伝えている。

英BBCによると、カナダのフリーランド外相と同国を訪問したティラーソン米国務長官は19日の会談後、来年1月16日にバンクーバーで北朝鮮の核・ミサイル開発問題に関する外相会合を開くことを発表した。

ティラーソン長官は「北朝鮮に用意がなければ対話はできない」とし、「北朝鮮が核開発を放棄しない限り圧力を弱めることはない」と述べた。

米ボイス・オブ・アメリカによると、会合に参加を呼び掛けているのは、朝鮮戦争の国連軍に参加した米加英など16カ国に加え、日本、韓国、インドなどだという。

一方、カナダ紙ナショナル・ポスト(電子版)は、「主要な同盟国である日本は会合に消極的だ」と伝えている。日本政府の関係者は同紙の取材に対し、「現段階では、どのような会合が成立するか分からない」と語り、この会合が過去の外交努力とまったく異なるものになるかどうかに疑問を示したという。(翻訳・編集/柳川)