画像提供:マイナビニュース

写真拡大

静岡県焼津市はこのほど、ふるさと納税の返礼品として、深海生物の「オオグソクムシ」の申し込み受付を開始した。昨年の好評を受けて今年も提供する。

○2匹を生きたままクール便で送付

オオグソクムシは、水深150〜600メートルほどの深海に生息しており、同市が面する駿河湾で多く捕獲されている。また、海の生物の死骸を食べることから海の掃除役と呼ばれる一方、見た目や網にかかる魚を食べてしまうことにより、漁師たちから疎まれることもあるという。

返礼品名は「焼津深海オオグソクムシ」。深海生物のため、海水温が約10度〜15度で安定する冬限定の提供となる。駿河湾で獲れた2匹(7cm程度)を生きたままクール便で送付する。寄付金額は1万5,000円。

同市のふるさと納税では、12月31日まで「得々! 大感謝 得盛キャンペーン」を実施中。焼津特産品のマグロを始め、カニやビールなど、約170品以上のキャンペーン品を用意している。