師走を迎え、にわかに忙しさを感じている人も多いのでは? 大掃除や毎日の家事、仕事おさめなどでバタバタしがちですが、なかなか手を抜けないのが衣食住の“食”の部分です。「今日の夕飯はなにしよう…!?」と献立に迷うこともあります。そんなときはコンビニにGO! ということで、コンビニブロガーで主婦でもあるはなさんに、忙しいときに大活躍するコンビニ食材とその活用術を教えてもらいました。

人気のサラダチキンを使えば本格スープが手軽にできる


私がおすすめするのは、いまやどのコンビニでも売られている「サラダチキン」と、新登場のサラダチキン専用のスープの素!

これさえあれば、器に入れ電子レンジで3分チンするだけで、ホカホカのスープができあがります。あらためて説明するまでもないですが、サラダチキンとは鶏むね肉をハーブで味をつけて蒸しあげたもの。低カロリーでおいしいと評判になり、ぐるなびが発表する「今年の一皿」に「鶏むね肉料理」が選ばれたのも、このサラダチキンの大ヒットが後押したからでは? と思うほど、2017年を代表する食べ物です。

●つくる前にサラダチキンを検証!


今回スープに入れるのは、セブンイレブンのサラダチキン。セブンイレブンでは、固形とほぐしのサラダチキンを販売しています。値段は同じ213円。どちらも結局はほぐして食べるのが基本ですが、このままガブッと食べるワイルドな方もいるとかいないとか。


ほぐす時間もない! あるいは面倒だ!というときは、「ほぐしサラダチキン」をチョイスするといいでしょう。


といいつつ、一応固形とほぐしチキンを並べてみました。左が固形をほぐしたもの、右がもともとほぐしてあるもの。あらためて見ると、量が全然違います。主婦目線でみるとやっぱり固形タイプを選ばざるをえません(笑)。

●スープの素は2種類から選べる!


前置きが長くなりましたが、サラダチキンを使ってできるスープの素は2種類。コンビニ限定の、その名も「サラダチキンで作る参鶏湯 65kcal」(213円)と「サラダチキンで作る濃厚ミネストローネ 86kcal」(213円)。つくるといっても超簡単です。なにしろサラダチキンを食べやすい大きさにさいて、どんぶり状の容器に入れ、スープを注ぎ入れるだけ。スープは容器に移す前にレトルトパウチをよくふっておくのがコツですよ。


ラップをかけてそれぞれ3分ちょっと電子レンジでチンすればできあがり! どんぶりからスープの器に入れ替えると、ごちそう感が増しますね♪ さっそく食べてみます。

●参鶏湯は濃厚な鶏だしのトロミのあるスープ!


サラダチキンがやわらかいので、何時間も煮込んでつくったスープのようにホロホロです。これがものの3分で…! とても信じられません。チンゲン菜など、緑色の野菜をゆでて加えるのもおすすめです。

●ミネストローネは具だくさん!


白インゲン、ニンジン、ジャガイモ入り。トマトのうまみたっぷりの辛くないミネストローネなので、プレーンのみならずハーブやチーズフレーバーのサラダチキンを使っても相性がよさそうです。

サラダチキンを合わせても参鶏湯は約195kcal、ミネストローネは約220kcalととってもヘルシー! これはお夜食にしてもいいですね♪

今回はお買い物もコンビニオンリーの楽メシをご紹介しました。ランチのお弁当やおにぎり、サンドイッチのみならず夕食のおかずもコンビニでそろってしまうとは驚きです。おいしくヘルシー、さらに時短ならば言うことなしですね。

【はなさん(写真・文)】
岩手県在住。ブログ「おやつは1日3個まで」を更新中。ほぼ毎日コンビニに通い、大好きなコンビニスイーツやパンを中心に、毎週発売される新商品情報などを発信