画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シスコシステムズは12月21日、iOS向けのセキュリティアプリ「Cisco Security Connector」を発表した。ネットワーク アクティビティを表示、制御し、ユーザー、アプリケーション、デバイスによって生成されるトラフィックに関する情報を取得できるという。

同社ではこのアプリを利用することで、インシデント調査時に、発生した事象、影響を受ける対象、リスクの影響度の特定、企業ネットワーク、公共Wi-Fi、セルラーネットワークを問わず、悪意のあるインターネットサイトへのiPhoneやiPadユーザーの接続の防御が可能になるとしている。

なお、Cisco Security Connectorアプリは、2018年第4四半期にApp Storeより提供開始される予定。