Anker初のドライブレコーダー「Anker Roav DashCam C2」

写真拡大

 Ankerグループの日本法人アンカー・ジャパンは12月20日、昼夜を問わずフルHD(1080p)画質で録画できるドライブレコーダー「Anker Roav DashCam C2」を、Amazon.co.jpや一部家電量販店で発売した。税込価格は9999円。

 ソニー製のCMOSイメージセンサと高性能チップセットを採用し、ドライブ中の映像を30fps、フルHD(1080p)で録画できる。5枚構成の広角レンズと3インチの液晶スクリーンにより、目の前を走る車だけでなく、4車線の広い道路でも全体を捉えられる。

 さらに、夜間でも正確にナンバープレートや風景を撮影できる独自のNightHawkテクノロジーを搭載。画像内の明暗差を調節することで逆光環境でもはっきりと撮影可能なワイドダイナミックレンジ(WDR)ビデオシステムと組み合わせて、ドライバーに24時間の「安心感」を提供する。

 走行中だけでなく、止まっている時のサポート機能も充実。駐車モニターをオンに設定している間は、Gセンサーが揺れや衝撃を感知すると、自動で30秒間録画する。一度の駐車につき最大15回まで録画可能で、駐車モニターの感度は低/高/オフの3つのモードから、Gセンサーは低/中/高/オフの4段階から選択できる。

 内部回路から熱を逃がす金属フレームをパーツに使用することで、電源接続時は-20℃〜70℃、バッテリ使用時(駐車モニター用)は0℃〜70℃と、幅広い環境に適応する。映像記録フォーマットはMP4。サイズは高さ約90×幅30×奥行き55mm、重さは約102g。トリム除去ツール、2ポートUSBカーチャージャー、吸着盤と3Mステッカーマウント、microUSBケーブルが付属する。microSDカードは別売。