今週のCDシングル売上レポートから2017年12月18日〜12月20日までの集計が明らかとなり、Hey! Say! JUMP『White Love』が231,256枚を売り上げて首位を独走している。

 『White Love』は、デビュー10周年イヤーを締めくくる21枚目のシングルで、表題曲はメンバーの知念侑李が出演する映画『未成年だけどコドモじゃない』の主題歌。2位にダブルスコアの差をつけての1位なので、週間ランキングでも首位を獲得し、アニバーサリーイヤーを有終の美で飾ることとなるだろう。

 続く2位は、東方神起『Reboot』。活動再開後初のシングルであり、81,788枚を売り上げた。前作『サクラミチ』以来2年10か月ぶりのリリースとなった本作は、速報の時点で前作の週間売上を上回るセールスとなり、まさに“ファン待望”のシングルであったことがうかがえる。

 『ラブライブ!サンシャイン!!』挿入歌、Saint Aqours Snowの『Awaken the power』は37,466枚を売り上げ、3位に。4位は土屋太鳳・佐藤健主演の映画『8年越しの花嫁』の主題歌であるback number『瞬き』が26,667枚、5位は過酷なオーディション番組で話題のラストアイドル『バンドワゴン』が26,319枚と、2作の売上枚数差は約300枚。かなりの僅差になっているため、週間発表で順位の入れ替わりがあるのか、注目したい。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年12月18日〜12月20日までの集計)
1位『White Love』Hey! Say! JUMP 231,256枚
2位『Reboot』東方神起 81,788枚
3位『Awaken the power』Saint Aqours Snow 37,466枚
4位『瞬き』back number 26,667枚
5位『バンドワゴン』ラストアイドル 26,319枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。