時間別でじっくりさっくり飲み食いできる!新幹線に乗るまでにご飯を食べたい、酒を飲みたいけど、どこに行けばいいのかお悩みの方、必見。時間別に使える三ツ店を探してきました!エキソト・エキナカグルメ完全覆面調査、第一弾はディナー編です!

サッと一杯で飛び乗る!さっくり派

Tokyo Beer Paradise by Primus

国産牛ほほ肉のビール煮込み 1680円

料理は在日ベルギー人も絶賛するという、現地に近い味わいで提供するのもこだわりだ。 というのも、ここはベルギービールの輸入会社が展開しており、常時30〜40種類のベルギービールが揃う店。料理に合うビールを選ぶか、好みや気分に合わせたものにするか、楽しみ方はそれぞれ。ぜひスタッフに相談してみよう。

出典: matomeshi.jp

グランアージュB1F [TEL]03-5220-2272 [営]11時〜23時(22時半LO、土・日・祝22時LO) [休]12月31日〜1月2日 [席]カウンターあり。計45席/14時以降は分煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩8分

イタリアンバール OTTO

こがしバターのローストポーク(白バルサミコ風味) 1112円

料理は写真の人気メニューのほか、四季に応じた季節限定メニューも登場。自慢のプロシュートは目の前のカウンターでスライス。切りたてを提供している。平日のみ、16時からハッピーアワーを実施しており、17時前から満席になる場合もある。

出典: matomeshi.jp

八重洲地下街B1F [TEL]03-3548-9696 [営]11時〜22時半(22時LO) [休]1月1日 [席]カウンターあり。計30席/15時以降は分煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩7分

余裕を持って食べるじっくり派

YAMAGATA DINING 山形酒菜一

酒菜一の「おまかせ八寸」 2260円

「東京で食べる山形」をコンセプトに、食材の約8割を山形から直送。山形駅前にある本店は料亭レベルの料理を出すと評判で、接待などでも使われる和食店だ。その技と心意気をそのままに、冷凍品や加工品はほぼ使わず、職人たちが丹精込めて作った山形郷土料理をいただける。 特筆すべきは、山形県内に54ある酒蔵の酒すべてが、県内のみで流通するものも含めて常時130種類以上を置いてあること。人気の「十四代」(1000円〜。ひとり1種類につき1杯まで)も複数種類揃え、腰を据えて楽しみたい肴と酒が目白押しだ。

出典: matomeshi.jp

グランルーフ B1F [TEL]03-6269-9337 [営]10時〜23時(22時LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計36席/全席禁煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩3分

ACORN

タパス・チーズ・生ハムのACORN盛り合わせ 1814円

国内外から厳選したハム・チーズ・カキをメインに、ワインや地ビールを堪能できる。シェフはフレンチ出身で、旬を意識しつつも、格式にとらわれず「美味しい」と思った食材やトレンドを取り入れ、様々な種類のジャムやハチミツを20種類と豊富に揃えるチーズに合わせ提案するなど、客が能動的に楽しめる仕掛けを用意。

出典: matomeshi.jp

東京駅グランルーフ フロント [TEL]03-5220-2527 [営]10時〜23時(22時半LO) [休]無休 [席]カウンターあり。計70席/14時以降は分煙 [交]1階八重洲中央口改札から徒歩4分