ドルトムントのスイス代表GKロマン・ビュルキ【写真:Getty Images】

写真拡大

香川の同僚GKビュルキがドイツ杯バイエルン戦で大ピンチを足一本で防ぐ

 海外サッカーで、失点濃厚な大ピンチをGKアクロバティックな“足セーブ”で防ぐスーパープレーが誕生。驚異的な反射神経をカタール資本の衛星放送局「ビーイン・スポーツ」が「本能的に見せた一流の守備」と動画付きで称え、海外メディアも「ワンダーセーブに次ぐワンダーセーブ」「信じられない鉄壁ぶり」と報じた。

 まさに孤軍奮闘の働きだった。

 ドイツ国内カップのDFBポカール3回戦は現地時間20日、リーグ5連覇中のバイエルンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが激突した。

 試合は前半に2点を奪ったバイエルンペースだったが、流れを変えるプレーを見せたのがドルトムントのスイス代表GKロマン・ビュルキだった。後半5分、バイエルンの元フランス代表MFフランク・リベリーが左サイドを突破。駆け上がったオーストリア代表DFダビド・アラバを経由してファーサイドにクロスが上がった。

 そして、するするとゴール前のスペースに入りこんだドイツ代表FWトーマス・ミュラーがダイビングヘッドを放った。ドルトムントは万事休す――。かと思われたが、ニアサイドで構えていたビュルキは逆を突かれた格好になるも、すかさずゴール左へ移動。左隅のコースを突いたシュートに瞬時に反応して左足を出し、ゴールライン上ギリギリでボールをかき出した。

ゴールライン上のボールをはね返し、海外メディアも称賛「一流の守備」

 ビュルキの好セーブで大ピンチを脱したドルトムントは、後半32分にウクラウイナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコのゴールで反撃。最終的に一歩及ばず、ライバル相手に1-2で敗れたものの、27歳のスイス人GKが試合の流れを変えた。

 カタール資本の衛星放送局「ビーイン・スポーツ」公式ツイッターは、「ビュルキはライン上での本能的に見せた一流の守備でボールを止めた」と動画付きで紹介。フランス紙「レキップ」も「バイエルン戦でのビュルキの信じられない鉄壁ぶり」と称え、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は選手採点でビュルキにチーム内トップの10点満点中「9点」を付けるとともに、「ワンダーセーブにつぐワンダーセーブで輝きを放った」と高評価を与えている。

 ビュルキがドイツの絶対王者相手に見せた意地のプレーは、敗戦の中で「ワンダーセーブ」の鑑として観る者の心を打った。(THE ANSWER編集部)