「DMM TELLER」のCMキャラクターに橋本環奈を起用

写真拡大

橋本環奈を起用したチャット型小説アプリ「DMM TELLER(ディーエムエム テラー)」のテレビCMが、12月24日(日)より全国で放送されることが分かった。

【写真を見る】「恋愛編」では橋本環奈がメガネっ娘に!

「DMM TELLER」のメインコンテンツである“ホラー”と“恋愛”をテーマに2種類のCMが制作され、橋本は「ホラー編」では緊迫感が漂う表情を、「恋愛編」ではメッセージのやりとりで一喜一憂するかわいらしい表情を見せている。

「DMM TELLER」のYoutube公式チャンネルでは、同CMのメーキング映像も公開中だ。

また、CM撮影後のインタビューで、橋本はクリスマスの過ごし方や自身の部屋の雰囲気などについてコメントした。

■ 橋本環奈 インタビュー

――撮影を終えていかがでしたか?

今回、2パターンあって、部屋着を着て女子らしい部屋の中でDMM TELLERを読む「恋愛」編と、外で雨が降る中で撮影した「ホラー」編があって、いかにも自分がメッセージをやりとりしていたように見せて、最後に真顔になるオチがあるところが好きです。

――DMM TELLERを使ってみた感想は?

小説と聞いて、普段ちょっと小説を敬遠がちな方にとっては重い印象を受けると思うんですけど、メールとかメッセージとかSNSと同じ感覚で楽しめるアプリなので、とても読みやすくなっています。

ぜひダウンロードして読んでみてほしいし、このような感覚で楽しめるアプリって今までなかったと思います。私は特にホラーにハマっていて、たぶん明日からも読むと思います!(笑)

――撮影で出てくる部屋はご自身の部屋のイメージと違いましたか?

セットを見たときに「かわいらしいな」と思いました(笑)。私の部屋はシンプルで、物も少ないですし、殺風景とは違うんですが、濃いめのブラウンの家具が多いです。

――もうすぐクリスマスですが予定はありますか? また、理想のクリスマスの過ごし方はありますか?

クリスマスにまだ仕事をしていなかった時は、実家で家族みんなでクリスマスを過ごすことが多かったです。家族と過ごすのは夜なので、帰って来るまでに友達とイルミネーションを見に行ったりしました。

でも、クリスマスって人多いじゃないですか。年々、人混みが苦手になってきて…(笑)。最近は、クリスマスもあまり外に出ず、家でゆっくりしたいと思うようになりました(笑)。

――今年一年振り返っていかがでしたか?

本当に濃かったなと思いますね。振り返ってみても、「あの作品もまだ今年公開だったんだ!」とか、自分が出演していても結構前のことのように感じるぐらい、一つ一つの仕事が凝縮していて、振り返れないぐらい多いなと思っていて、でもすごく充実した一年を過ごせたと思います。

――来年の抱負は?

今年と来年がスムーズにつながっている感覚で、今年のギュッと凝縮した勢いのまま、来年ももっともっと走っていきたいと思ってます。(ザテレビジョン)