「年末年始の天気が気になるころになってきました――」(気象予報士の増田雅昭)

2017年末の天気は、太平洋側は晴れる日が多く、日本海側は25日月曜日から28日木曜日まで、強い寒気の影響で大雪の恐れがあるそうだ。全国的に28日以降は寒さがゆるむという。

「大晦日から三が日はめちゃめちゃ寒いという感じではないかな」「初詣はいまのところ晴れ!そうな気がします」(増田)

クリスマスの天気は?

「クリスマスは雪降らないんですか?」(ビビット・コメンテーターのテリー伊藤)

「降るところは少ないと思います。雨の降るところが多い。東京も24日の夜は雨の可能性があります」(増田)

「これで夜更けすぎに雪にかわったら最高ですね」(ビビット司会の国分太一)

「かわりません。気温が高いので」(増田)