いつもの味に飽きたら試したい!簡単に作れるチーズ鍋レシピ3選

写真拡大

寒い日が続いているいまの季節は、とにかくお鍋がおいしいですよね。作るのも簡単だから、「毎日食べたい」という人もいるはず。とはいえ、いつもと同じ味付けでは飽きてしまうもの…。そこで、ちょっと変わったチーズ鍋のレシピをご紹介します。

酸味がくせになるチーズトマト鍋

まずは、トマトベースのチーズ鍋です。洋風な味付けで、普段の鍋とは印象がガラリと変わります。

【材料】

・ピザ用チーズ…お好みの分量

・鶏もも肉…250g

・キャベツ…1/2個

・たまねぎ…1個

・ジャガイモ…2個

・しめじ…1株

・ほうれん草…1/2束

・にんにく…3片

・トマトソース…1缶

・コンソメ…3個

・水…2缶

・オリーブオイル…大さじ2

・塩コショウ…少々

【作り方】

1)にんにくをみじん切りにして、その他の具材は食べやすい大きさにカットする

2)鍋にオリーブオイルをひき、にんにくを炒めたら、鶏もも肉を入れてさらに炒める

3)2にジャガイモを加えて炒める

4)3にトマトソース、水、コンソメ、しめじ、キャベツを入れ、ジャガイモに火が通るまで煮込む

5)4にほうれん草を加えてひと煮たちさせたら、塩コショウで味を調え、チーズをのせて蓋をし、とろけるまで煮たら完成

洋風な味付けなので、クリスマスディナーにも合うはず。お好みで、ベーコンやソーセージを加えてもおいしいですよ。

シンプルだけどコクがいっぱいの白菜チーズ鍋

白菜と豚バラ肉の鍋は有名ですが、それをチーズでちょっぴりアレンジしたレシピです。

【材料】

・ピザ用チーズ…お好みの分量

・白菜…1/4個

・豚バラ肉…150g

・ブイヨン…2個

・水…500cc

【作り方】

1)白菜と豚バラ肉を食べやすい大きさにカットする

2)鍋にチーズ以外の材料をすべて入れて、白菜が柔らかくなるまで煮込む

3)2にチーズをのせて蓋をし、とろけるまで煮たら完成

ポイントは白菜がとろとろになるまで煮込むこと。少ない材料で作れるので、ママの平日ひとりランチにもよさそうです。

ほっこり野菜とマイルドな味付けのチーズ豆乳鍋

最後にご紹介するのは、豆乳ベースの鍋。お好みの具材を煮込んでおいしくいただきましょう。

【材料】

・ピザ用チーズ…お好みの分量

・お好みの具材…適量

・水…2.5カップ

・豆乳…500cc

・ブイヨン…2個

★すりおろしにんにく…大さじ1/2

★味噌…大さじ3

★酒…大さじ2

★みりん…大さじ2

【作り方】

1)お好みの具材を食べやすい大きさにカットする

2)鍋に水とブイヨンを入れて火の通りにくい具材を煮込む

3)2に残りの具材と混ぜ合わせた★の材料を加えて煮込む

4)3にチーズをのせて蓋をし、とろけるまで煮たら完成

具材は、ジャガイモやにんじん、カブなどの野菜や肉、魚介系など、どんなものでも合うので、お好みの具材や冷蔵庫内の余りもの食材を作ってくださいね。

チーズ鍋はコクが増してとっても美味。仕上げにブラックペッパーを振ると風味豊かになるので、お試しあれ。

(文・山手チカコ/考務店)