画像提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂アイ・スタジオは12月21日、Reproと連携し、アプリの成長戦略・企画、開発・運用を起点に、企業のマーケティング活動をサポートするソリューション「Hakuhodo i-studio app growth driver with Repro」の提供を開始したことを発表した。

「Hakuhodo i-studio app growth driver with Repro」は、アプリを起点としてパーソナライズ化されたコミュニケーションを提供する実行支援ソリューション。最適な顧客体験(UX)の開発・運用、PDCA支援まで、ワンストップで提供する。

博報堂アイ・スタジオが培ってきたクリエイティビティ、アクセス解析やユーザーテストなどの活用による最適なUXの設計、クリエイティブ制作、アプリの改善に関するノウハウの蓄積、高速PDCA(UI改善、施策企画など)、新規アプリ開発に、Reproによるアプリマーケティングツール提供、データ分析に基づいた成長戦略策定や収益改善支援、新規アプリ企画支援ノウハウと統合することで、アプリユーザーに最適な体験を提供し、企業のマーケティング課題解決に貢献する。

同ソリューションでは、オリジナルメソッドによるUX設計や、クリエイティブ力と運用ノウハウを活用した新規アプリ開発、既存アプリの改善などを提供する。加えて、博報堂アイ・スタジオ運用チームによるワンストップ運用支援(BPO)、PDCAの実施や、オリジナルワークショッププログラムを通じた中長期マーケティング戦略策定支援なども提供する。