ファッショナブル・イースター|東京ディズニーシー「ディズニー・イースター」

写真拡大

東京ディズニーシーでは2018年3月27日(火)〜6月6日(水)までスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を開催します。

【写真8枚】TDS「ディズニー・イースター」2018フォトギャラリー

春の訪れと東京ディズニーリゾート(TDR)35周年をお祝いする祭典の詳細が発表されました。

ファッショナブル・イースター

2018年もハーバーショー「ファッショナブル・イースター」を公演。

東京ディズニーシーの4つのテーマポートから集まった、個性あふれるファッションに身を包んだアーティストたちと、ミッキーたちによるおしゃれに着飾る春の祝祭です。

東京ディズニーランドでは4月15日(日)からの35周年アニバーサリー「“Happiest Celebration! ”」オープニングのためイースターは開催されません。

東京ディズニーシーでは3月27日(火)から一足早く35周年テーマソングも使われます。

エッグハントはTDS初開催

これまで、東京ディズニーランドで実施していたタマゴを探すエッグハントプログラムを、今年は「エッグハント・イン・東京ディズニーシー」として東京ディズニーシーで初開催します(有料/1回 900円)。

専用マップに書かれたヒントをもとに、パークのさまざまな場所に隠れた、キャラクターや各テーマポートの世界観を表現したタマゴを探してパークを周遊する体験プログラムです。

見事にタマゴを見つけ出したゲストには、ゴールでエッグハント限定うさみみパッチンをプレゼント。

ランウェイのフォトロケーションが登場

メディテレーニアンハーバーとアメリカンウォーターフロントを中心に、イースターバニーボンネットやイースターエッグ、色とりどりの花々をモチーフにした春らしいデコレーションや、イースターの華やかなファッションをテーマにしたポスターなどが飾られ、華麗でおしゃれなイースターの世界を盛り上げます。

ウォーターフロントパークには、今年は新たにファッションショーのランウェイをイメージした華やかなフォトロケーションが登場します。

このフォトロケーションでは、ミッキーとミニーがショーで身につけるイースターバニーボンネットをイメージしたフォトアイテムをカメラマンキャストより貸し出します。

また、各テーマポートの世界観を表現したイースターエッグやカラフルな花々などで飾られた車やバスケットなどが設置され、春の祝祭ならではの華やかな雰囲気を楽しめます。

スペシャルグッズは35周年アイテムも

メインショー「ファッショナブル・イースター」の舞台に立つファッションモデルとなったミッキーたちの、華やかでおしゃれな様子がデザインされたスペシャルグッズが約80種類登場します。

実際にパークで身につけて楽しむことができるウサギの耳をモチーフとした“うさみみ”カチューシャが今年も登場。

ホワイト、ピンク、イエロー、グレーの4色のうさみみカチューシャには、今年新しくなった「ファッショナブル・イースター」のコスチュームと連動したミッキーの帽子も。

さらに、東京ディズニーリゾート35周年限定バージョンなど8種類のパッチン(別売り)から好きなものを選んでつけることもでき、自分好みにカスタマイズしたうさみみカチューシャを身につけることができます。

このほか、「ファッショナブル・イースター」のコスチュームに加え、東京ディズニーリゾート35周年のキャラクターコスチュームと連動したタマゴアートの文具や食品、テーブルウェアなども販売します。

スペシャルメニューにはミスバニーととんすけも

「ディズニー・イースター」の楽しさをお食事でも味わえるカラフルでかわいいスペシャルメニューが登場します。

「カフェ・ポルトフィーノ」では、華やかなカルボナーラのパスタセットを、「ニューヨーク・デリ」ではピンクのバンズにエビとタラモサラダを挟んだメニューなど春らしい色合いのメニューが登場します。

また、「バーナクル・ビルズ」では色鮮やかなカクテルを、「セバスチャンのカリプソキッチン」と「トロピック・アルズ」ではミスバニーととんすけのかわいいカップに入ったスペシャルドリンクを販売します。