【名珍場面2017】宇野昌磨、壮大な「300点超V」 海外解説者も感嘆「革命を起こせる」

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のスケートカナダで圧巻のGPシリーズ3勝目

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月にフィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)が見せた圧巻の「300点超え演技」だ。美しく、力強い舞いに、海外解説者は「革命を起こせる」「ワオのひと言」と脱帽した。

10月27日(日本時間28日)に行われたグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダの男子フリー、10番手で登場した宇野はカナダの地で躍動した。

 冒頭の4回転ループに見事成功。続く3回転ループは手をつきかけたが、なんとか耐えた。体力的に厳しくなる後半も連続ジャンプを2つ成功させて締め、最後まで演じ切ると、観衆から喝采が降り注いだ。

 フリーは1位の197.48点、合計301.10点をマーク。2位のジェイソン・ブラウン(米国)に約40点差をつける圧巻の300点超えで、GPシリーズ通算3勝目を挙げた。米スケート専門メディア「icenetwork」は、美しく滑る宇野の演技のワンシーンの動画とともに「ショーマはあり得ない存在だ」と公式ツイッターで速報。さらに、国際オリンピック委員会(IOC)運営の五輪公式チャンネル「オリンピックチャンネル」の解説陣も感嘆の声を上げた。

「パーフェクトな演技」でクオリティーを証明…12月22日からは全日本選手権に出場

「魔法のジャンプのコンビネーションを繰り出してきた!」と後半の連続ジャンプに感嘆の声を上げ、演技後は「パーフェクトな演技に『ワオ』のひと言だ! 壮大な勝利を掴み取ることになるはずです」と手放しで称えていた。

「いくつかミスもありましたが、それを補うのに余りあるプログラムでした。今のエクセレントな彼ならユヅル・ハニュウを視界に捉えているかもしれません」

 こう評した上で、さらに女性解説者から「彼はまだ若いが、革命を起こすには充分な完成度にあることでしょう」と言及すると「ショーマにはそれだけのクオリティーが備わっています」とうなっていた。

 宇野はGPシリーズ第5戦のフランス杯でも2位に入り、日本男子で唯一GPファイナルに出場。自国開催での優勝こそならなかったが、ネイサン・チェン(米国)とわずか0.50点差で銀メダルを獲得した。五輪選考会を兼ねた全日本選手権にも12月22日から登場。羽生結弦(ANA)が右足の負傷により欠場するなか、初優勝を飾った前年に続く2連覇で平昌五輪行きの切符獲得を狙う。(THE ANSWER編集部)