「幕末グルメ ブシメシ!2」の試写会に出席した瀬戸康史(左)と草刈正雄(右)

写真拡大

2018年1月10日(水)よりNHK BSプレミアムでスタートするドラマ「幕末グルメ ブシメシ!2」の試写会が行われ、瀬戸康史と草刈正雄が登壇した。

【写真を見る】見詰め合う瀬戸康史と草刈正雄

同作は瀬戸演じる伴四郎が、得意の料理を武器に人々の悩みを解決するグルメ時代劇の第2弾。前作からちょうど1年を経て、シーズン2として帰ってきた。

瀬戸は「こんなにも早くシーズン2をやることができてうれしいです。面白い作品になっているので、パート3につながれば…」と早くも続編に気合十分。

また「前作から1年という期間はあったけど、草刈さんとのコンビネーションが衰えることはなく、草刈さんのアドリブも相変わらず鋭く、笑いをこらえながら撮影していました」と草刈とのエピソードを語った。

また草刈からのアドリブについて問われると、「僕、殿(草刈)に顔を触られるのが好きなんです」と告白。

一方の草刈は「瀬戸くんとの絡みが一番好きなんですね。なんだか言葉で言い表せない…。愛してるんでしょうかね。なかなかこういう気持ちないんですよ。お芝居してるのが楽しいです」と続け、相思相愛ぶりを見せた。

最後に瀬戸は「今年もいろいろな役を演じさせていただいて…。今年1年を漢字一文字で表すと『交』。役と自分が交わる、また新しいキャストなど共演者の方と交わることで素晴らしいお芝居ができると実感した1年でした」と締めくくった。(ザテレビジョン)