舞台「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」で京一を演じる矢部昌暉/撮影=諸井純二

写真拡大

ダンスロックバンド・DISH//のメンバーとしても活躍する矢部昌暉。12月23日(土)からスタートする舞台「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」に、レッドエンジェルスのリーダー・京一役として出演する。元から舞台が好きだという矢部に出演が決まってからの気持ち、作品への思いを聞いた。

【写真を見る】「人見知りの自分を変えたかった」という矢部昌暉/撮影=諸井純二

■ 出たい気持ちが強過ぎて、オーディションのことを覚えてないんです

――もともと「池袋ウエストゲートパーク(IWGP)」の大ファンだったといいますが、今作に出演が決まったときの感想は?

昌暉:オーディションを受けたんですけど、そのときは歌とダンス、それから演技の方は(真島)誠と、ドラマ版にいたシュン(水野俊司)のシーンだったんです。と言っても、オーディションのこと、あんまり覚えてないんですけど…。

――覚えてないってどういうことですか!?

昌暉:もう、(この作品に)出たい気持ちが強過ぎて。出られるんだったら、ギャングの一員でも、何でもいいから携わりたいって思っていたんです。

――カラーギャング「レッドエンジェルス」のリーダー・京一役と聞いたときは、すごくうれしかったのでは?

昌暉:もちろんうれしかったんです。ただ、京一役と言われた瞬間は、「え? 僕でいいの!?」と思っちゃいました。やっぱり、カリスマ性がある役だし、レッドエンジェルスのリーダー……そんな役を自分が務められるのかなぁというプレッシャーの方が大きくて。あと、作品のファンの方も絶対いるだろうし、京一のファンもめちゃめちゃ多いと思ったので。でも、今回は小説を舞台化するってことでドラマ版とも違うので、小説は小説、ドラマはドラマ、舞台は舞台。しかも舞台化は今回が初だから、僕たちが新たな(池袋ウエストゲートパーク)を作り上げたいという気持ちで取り組もうと思いました。

――役作りはどんなことをしましたか?

昌暉:大人っぽい役だから髪を伸ばしたことと、海外帰りのバレエダンサーという設定なので柔軟を……。僕、身体固いんですよ(笑)。続けているうちに少しは柔らかくなったんですけど、まだまだ全然。なので、柔軟は続けつつ、体の持ち運び方やしなやかさで魅せる方法も探っているところです。

――脚本によると、京一はコンテンポラリーダンス風の踊りも多いですよね。

昌暉:そうなんですよ。そういうテイストのダンスはやったことがなくて、振り付けをもらった日の夜は、筋肉痛になりました(笑)。

――演じる要素の中だとダンスが一番難しい印象ですか?

昌暉:とにかく全てが難しいですね。京一は雰囲気のあるキャラクターということもあって、必然的に歌も雰囲気のあるものになるんですけど、僕はそういう歌にはまだ慣れていないので(苦笑)。DISH//で6年間歌ってきてるのに、今回の舞台の歌唱レッスンが始まってから、また新たに歌への感覚が変わったんですよ。先生に教えてもらっているうちに、新しい発見がたくさんあって。そのおかげで、最近はDISH//のライブで歌うと、ファンの方やスタッフさんから「歌がしっかりしてきたね」って言われるようになりました。

■ 人見知りの僕が、やっと2ショットで写真を撮れるようになりました(笑)

――稽古もスタートしているとのことですが、現場の雰囲気はどうですか?

昌暉:僕、すごい人見知りで緊張してしまって、稽古が始まった当時は、なかなかキャストの皆さんに話し掛けることができなかったんです。それが徐々に打ち解けて、今では2ショットで写真を撮れるようになりました(笑)。

――人見知りなんですか!?

昌暉:そうなんです(苦笑)。それに、今回僕が男性キャストの中で一番年下ということもあって、自分から話し掛けていいのかちょっと躊躇しちゃったんですけど、皆さん本当に優しい方々ばかりで。たくさん話し掛けてくださるんです。

――休憩時間などにはどんなことを話してるんですか?

昌暉:何だろう……他愛もないことが多いかな。でも、DISH//のことを知ってくださってる方もいて、DISH//の曲めっちゃいいねとか、カラオケでよく歌ってるとか、音楽の話をすることもあります。

――昌暉くんの好きなアイドルトークをできる仲間はできました?

昌暉:あ、そこまではまだ……。公演が終了することには、そういう話ができたらいいですね(笑)。

――今回の物語の舞台となっているのは、20年前の池袋。当時と今とでは街の印象もずいぶん変わりましたが、昌暉くんは池袋に対してどんな印象を持っていましたか?

昌暉:僕がドラマの「IWGP」を知る前の池袋は、オシャレな場所だと思ってたんですよ。そのあとドラマを見て、池袋って本当にこんな感じだったのかな!?と思って。想像以上のギャップがありました。でも、カラーギャングみたいなのって男性なら一度は憧れるといか、僕はかっこいいなって思いました。しかも、どっちのチームも池袋をよくしたいって気持ちが強いですから。そういう信念を持った男たちはかっこいいなと思います。

■ やり終えたころにはもっと舞台が好きになってると、すでに確信してます

――稽古を通して、お芝居や舞台を作り上げていく面白さを実感している感じでしょうか。

昌暉:舞台はもともと好きなんですけど、この舞台をやり終えたころには、もっと好きになってるっていうのは、すでに確信してて(笑)。それくらい楽しみな作品です。とはいえ、僕はまだ(舞台の)経験が浅いので。前回の舞台は朗読劇で、今回は2回目の舞台と言えども、初めて挑戦するような気持ちです。稽古に入るタイミングでは、僕は結構考えていくタイプなんですけど、やっていくうちにどんどん進化させていけたらなって思ってるんですよ。こうやろうっていう元みたいなのを持っておいて、相手の動き方やアドリブに対応していくと、稽古でも1つ前とは違ってたりして。舞台って、そういう“生もの”な感じが面白いなって思います。

――DISH//でもライブのステージに立つことは多いですし、舞台=自分の居場所と言っても過言ではない?

昌暉:そうですね。その場でリアクションが返ってくるっていうのは、やっぱりいいですね。お客さんの生のリアクションは、DISH//のステージでも大事にしてるし、昨年朗読劇をやったときも、それによって本番中に自分のテンションもどんどん上がっていったので。自分は本当、この感じが好きなんだなぁって。

■ ここ最近は語りたくて仕方ないんです(笑)

――12月23日(土)から今作の舞台がスタートし、2018年元日にはDISH//の武道館公演、さらに1月9日に20歳を迎えると同月28日(日)には生誕祭「20歳の館へようこそ!!」を開催と、イベント事が目白押し。20歳を迎えるタイミングで、いろいろと変わり始めている感じですね。

昌暉:実は高校3年生くらいから自分を変えたいと思ってて、今までずっと吸収する期間にしてて。そんなときに、大好きな作品に出会えたり、武道館でライブができたり、一歩ずつ成長できてるんじゃないかなって。ここ最近も、自分で変わったと思うことがあるんですよ。前は話してても聞き役に回ることが多くて、あまり自分から話すのが得意じゃなかったのが、ここ最近は語りたくて仕方ない(笑)。

――(笑)。ちなみに一番語りたいことは?

昌暉:割といろんなことに対してです(笑)。ついこの間は、番組の企画で僕の好きな歴史について語ってしまいました(笑)。

――こうなりたいと思った自分に着実に近付いている?

昌暉:一番は、人見知りを変えたかったんですよね。それはいまだ継続して人見知りなんですけど(笑)。でも、それも前に比べたら減った気がします。

――今回の共演者のみなさんと仲良くなる日も近そうですね(笑)。

昌暉:あ、でも、このIWGPの中でSNSのグループができてるんです。なので、連絡先はすでに登録させていただきました(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)