スピードが持ち味の浅野。ロシアでもその強みを活かせるか photo/Getty Images

写真拡大

ロシアW杯の開幕まで半年を切ったが、日本代表の選手たちも本大会登録メンバーの23枠をかけて、熾烈な生き残り争いを繰り広げている。こういった状況の中、FIFAの公式サイトがドイツのシュトゥットガルトでプレイする日本代表FW浅野拓磨をピックアップ。「ヴァイッド・ハリルホジッチが率いるサムライブルーの攻撃の新星」として同選手に注目しているようだ。

同サイトでは浅野の「年齢や経験は関係ないし、勝利のために一生懸命努力している。日本代表のために自分の最大限を発揮したい。そしてチームに貢献してW杯で歴史を作りたいんです」や「世界最高のチームたちと対戦することは、僕たちにとって常に挑戦。次のステージへ進むために全力を尽くさなければならない。これまでの結果を超えるために、新たな目標を設定する必要がある」などのコメントを掲載。そして「浅野は若いが野心を欠かさない。23歳で日本のニューカマーの一人と言っても過言ではないし、トップチームでの経験は浅いが、ロシアW杯でレギュラーポジションを狙っている」と取り上げている。

さらに同サイトは、自身のストロングポイントについて「僕の強みはボールを持っているときと持っていないときの動き。同じくらいスピードもある」と述べた浅野を「シュトゥットガルトへレンタル移籍しているが、ガナーズと契約。その才能にはアーセナルのアーセン・ヴェンゲルも感銘を受けた」とも紹介している。

同サイトのインタビューで「シュトゥットガルトへ加入して以来、1対1のデュエルに強くなり、守備も上達した。このスキルと経験は日本の役に立つ。どんな相手であってもゴールを決めたい」と意気込みを語っていた浅野。本大会登録メンバーの23名に入り、ロシアで飛躍を遂げることができるのか。