画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サンワダイレクトは12月19日、「全天球360度カメラ(iPhone・Android対応・3D・VR・動画・静止画撮影・広角魚眼レンズ・専用アプリ・Wi-Fi) 400-CAM063」を発売した。価格は19,259円(税別)。

本体の前後に400万画素CMOSセンサーのカメラを内蔵し、360度撮影が行える全天球カメラ。ボタンを押すだけの簡単操作で撮影を開始できる。撮影解像度は動画が1,920×960ドット / 30fps、静止画が3,008×1,504ドット。記録形式は動画がMOV、静止画がJPEGとなっている。

専用アプリ「SYVR360」をインストールしたスマートフォンと連携し、遠隔撮影や画像確認などをアプリで行える。ビューモードは、プラネットモード / 標準モード / 魚眼モード / VRモードの4種類を用意。VRモードでは、VRゴーグルを組み合わせると、顔の向きと連動し映像を表示する。

各種設定表示用に0.96インチのモノクロ液晶と、データ記録用にmicroSDHCメモリーカードスロット(最大32GB)を装備。バッテリー容量は1,500mAhで、駆動時間は約90分。本体底面にはカメラ用三脚の固定ネジ穴を装備し、ミニ三脚も付属する。本体サイズは約W33×D20×H115mm、重量は約100g。