ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデン【写真:Getty Images】

写真拡大

ハーデンが51得点の大爆発…レイカーズ戦で相手を手玉に取る“ショー”を披露

 米バスケットボールのNBAで、ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンがまるで踊っているかのようにステップを踏み、相手の上からゴールを決めるスーパームーブに成功。米メディアが「ひげ男がダンス中」と動画付きで紹介すると、ファンから「この男は止められない」「マッド・ドリブリング」と反響を呼んでいる。

 手玉に取るとはまさにこのこと、そう思わせる動きだった。

20日(日本時間21日)のロサンゼルス・レイカーズ戦で、ハーデンは大爆発。試合こそ116-122で敗れたが、今季自身2度目の50得点超え(51得点)を果たした。圧巻だったのは相手を翻弄する変幻自在のドリブルだ。

 36-51と大量リードを奪われて迎えた第2クォーター途中、味方からパスを受けて相手コートに入ったハーデンは左45度の位置でレイカーズのジュリアス・ランドルと対峙。利き手の左から右にボールを持ち替える切り返しをきっかけに、“ショー”が始まる。巧みなシュートフェイクから左方向へドリブルを仕掛け、相手がついてきたと見るや自身の股の間を通す「レッグスルー」を立て続けに繰り出して幻惑。さらに、左右に切り替えるクロスオーバーでランドルを抜き去ると、ブロックもかわしてそのままゴールを陥れた。

試合に敗れるも、「ハーデンここにあり」を証明

 身長10センチ、体重で14キロ上回るランドルを完璧に切り崩したプレーに、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」公式ツイッターは「ひげ男がダンス中」と炎の絵文字付きで紹介。動画を見たファンからは「なんてことだ、この男は止められない」「マッド・ドリブリング」と驚きの声が挙がった。

 “格下”のレイカーズに敗れたため、試合後のハーデンは渋い表情だったが、変幻自在のドリブルと圧倒的な得点力で「ハーデンここにあり」を示したゲームと言えるだろう。リーグ首位を走るロケッツを今後のどのように牽引していくか、希代のサウスポーから目が離せない。(THE ANSWER編集部)