お風呂と言えば、夜だけではなくて朝に入ることもありますよね?朝起きてからじっくりお風呂に入ると、血流が良くなってすっきりと目が覚め、良い気分になります。ですが同時に、注意したいポイントもいくつか存在します。この記事では、朝風呂のメリット・デメリットについて見ていきます。

寝起きの身体をスッキリと目覚めさせる

朝、目が覚めたときに身体や頭がぼーっとしてなかなか起きられない、という人には朝風呂がおすすめです。お風呂に入ると血流が良くなって体温が上がるため、副交感神経よりも交感神経の方が優位になるのです。そのためスッキリと目が覚めて、朝から活発に活動できるようになりますよ。低血圧気味で朝に弱い人や、脳貧血を起こしている人などは朝風呂に入ってスッキリとした起床を迎えてみてください。

代謝が良くなってダイエット効果がある

朝風呂に入ると、体温が上がって汗をかきます。そのため代謝活動が活発になり、ダイエット効果を増幅させられるのです。老廃物の流れもスムーズになりますから、朝のお通じも良くなって便秘の解消にも繋がりますよ。もちろん朝風呂単体にはダイエットに直結する効果はありませんが、他の食事制限やエクササイズといったダイエットの効果をサポートする効果は十分に期待できます。ダイエットの期間中だけでも、朝風呂を習慣にしてみると良いですね。

身だしなみを整えやすくなる

朝風呂に入って頭からシャワーを浴びてしまえば、寝癖をリセットできます。霧吹きを使うよりもはるかに効率的ですから、血流を高めるついでに寝癖を整えられるのも朝風呂の魅力ですね。一緒に朝の洗顔も済ませてしまえば、朝の身だしなみを整える過程を効率化できます。また、寝汗をかいていると体臭が気になることもあります。朝風呂で寝汗を綺麗に流してしまえば、朝から清潔で整った状態をキープできますよ。

ただしヒートショックに要注意!

ヒートショックとは、温度差によって短時間の間に血圧が急上昇したり急低下したりすることを言います。朝風呂に入ると、急に血圧が上昇することでヒートショックが起きやすくなるのです。ヒートショックが起きてしまうと心臓に負担がかかります。身体が震えたり脳梗塞を起こしたりして、最悪急死してしまうケースも報告されているのです。朝風呂でヒートショックを起こさないためには、お風呂に入るときと出るときで温度差に注意する必要があります。ぬるま湯を浴びてから熱いお湯を浴びたり、お風呂から出るときは湯冷めに気を付けるようにしてください。


writer:さじや