高梨沙羅

写真拡大 (全5枚)

スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手が21日、スイスの時計ブランド「OMEGA(オメガ)」の発表会に出席した。

そこで話題になったのは、来年2月9日から始まる平昌オリンピックのこと。「代表選手に選ばれ、金メダルを獲って、今まで応援して下さった方に恩返しをするために頑張って練習しています」と口にした。

代表選手になれば2回目の出場。4年前の大会に臨んだときの心境を振り返り「初めてのオリンピックだったので、ワクワク、ドキドキ感で一杯。今度の大会に向けては、ソチで味わった悔しい思いを跳ね返したい気持ちが強いです」と変化を語った。

その4年前と比較。メダルを獲るための自信を訊かれると「今は、目の前のことをこなすことが、オリンピックに繋がっていくと思います。出来ることを一生懸命にやっています。なので、自信は…4年前よりもしっかり持っています。自分の気持ちを強く持っているので、間違いありません」と自覚を表した。

この日、高梨には、平昌五オリンピックで28回目の公式タイムキーパーを務める「OMEGA」から限定モデル(五輪仕様で、世界2018本の限定製作)がプレゼントされていた。

▼ 着用した時計は「シーマスター アクアテラ"ピョンチャン 2018" リミテッド エディション」