画像提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷は12月21日、白く光る特殊なディスプレイにさまざまな形に加工した偏光フィルムをかざすことで、その部分にだけ映像が映し出される新しいデジタルサイネージ「FloatPanelDisplay(フロートパネルディスプレイ)」を開発したことを発表した。大型商業施設における製品のプロモーションやイベントでの企画展示などでの店頭販促ツールとして、流通業界や小売業界、観光事業者に向けて同日より販売を開始する。

同製品は、白く光る特殊ディスプレイに偏光フィルムをかざすことで、フィルムの形に合わせてシンボリックに映像を浮かび上がらせることができる新しいデジタルサイネージ。訴求する内容に合わせてフィルムの加工や映像の制作を行うことで、インパクトある演出が可能になるという。

たとえば、メガネや電車の形に加工したフィルムをアクリル板などに貼付しディスプレイの前面に設置し、レンズや車体にだけ映像を浮かび上がらることができる。訴求したい商品やロゴを、空中に映像が浮いているような立体的で不思議な表現で展示できるため、アイキャッチ性が高く、集客効果に期待できるという。

販売開始に先立ち、2017年12月5日にグランドオープンしたシンガポール・チャンギ国際空港第2ターミナル3階にある日本食専門フードホール「JAPAN GOURMET HALL『SORA』」エントランスのメイン看板に同サイネージが採用された。同看板では、ガラスに貼られたロゴマーク「SORA」の中に、日本の四季映像などのさまざまな動画を浮かび上がらせることができる。

価格は25インチワイドスタンド型(25 インチディスプレイ使用の場合)で約30万円〜。