20日、観察者網は、中国外交部の華春瑩報道官がジャイアントパンダのシャンシャンに関する日本人記者の質問を聞き間違えて笑顔を見せる一幕があり、日本のネットユーザーから「萌えた」との声が出たことを伝えた。写真は笑っていない華報道官。

写真拡大

2017年12月20日、観察者網は、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がジャイアントパンダのシャンシャンに関する日本人記者の質問を聞き間違えて笑顔を見せる一幕があり、日本のネットユーザーから「ちょっと萌えた」との声が出たことを伝えた。

【その他の写真】

華報道官は19日の外交部定例記者会見で、「上野動物園でシャンシャンが公開されたことについてどう思うか」という日本人記者の英語による質問に対して「日本と中国がしっかり向き合い、日中間の4つの共通認識、4つの共同文書に基づいて関連問題を適切に処理することを望む」と回答。質問内容とかみ合わない答えに、中国人記者が「パンダのシャンシャンですよ」と説明、華報道官は「ああ、あのシャンシャンね。私はてっきり……」と屈託のない笑顔を見せた。その様子に、現場からも笑い声が出た。

中国語でシャンシャンと似た発音になる外務省の杉山事務次官の話と勘違いしたとみられる華報道官。誤解に気づくと「日中両国民の友好を増進し、両国関係の健全な発展を促す使者としての役割に期待している」とコメントし直した。

記事は、この一件を知った日本のネットユーザーから「この人は何があっても笑わないと思っていた。結構かわいい」「鉄仮面的なイメージとのギャップがすごい。正直ちょっと萌えてしまった」との感想が寄せられたことを紹介している。

中国のネットユーザーも「華姉さんがこんなにかわいく笑うのを初めて見た」「華姉さんのニュースと写真がエンタメ欄に出現したのを初めて見た」といった声や、「サッと日本の外務事務次官の名前が出てくるところに華姉さんのレベルの高さがうかがえる」など、華報道官の笑顔とともにその能力の高さを称賛するコメントを残している。

また、「日本人の英語の聞き取りにくさはやっぱり個人レベルの話じゃないな」など、日本人の英語の発音に対する意見も複数見られた。(翻訳・編集/川尻)