画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR東日本は12月20日、2018年3月17日より、自動改札機入場時に加え、自動改札機出場時でもSuicaオートチャージサービスを開始すると発表した。

Suicaオートチャージサービスは、自動改札機にタッチして入場する際に、あらかじめ設定しておいた条件に基づき、ビューカード決済で自動的にSuicaに入金(チャージ)されるサービス。オートチャージは、首都圏・仙台・新潟のSuicaエリアおよびPASMOエリア内で利用できる。

今後、オートチャージ設定されているSuicaは、事前申し込みの必要なく、出場時に、運賃を精算した後の入金残額がオートチャージの設定金額を下回る場合、1回のみオートチャージされる。

同日、PASMO協議会もPASMOオートチャージサービスについて、3月17日より、入場時だけでなく出場時にもオートチャージが利用可能になると発表した。

PASMOオートチャージサービスは、PASMO内の残額が設定金額以下の場合、駅の自動改札機にタッチすると、あらかじめ設定した金額が自動的にクレジット決済でチャージ(入金)されるキャッシュレスサービス。PASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアで利用できる。

今後、出場時に運賃を差し引いた後のPASMO内の残額が設定金額を下回る場合、オートチャージを実施した上で運賃を差し引く。すでにオートチャージサービスを設定しているPASMOなら、申込みは不要。