生後5カ月の長女暴行死 24歳の父親に無罪「証拠裏付けられていない」

ざっくり言うと

  • 生後5カ月の長女を暴行死させたとして、傷害致死罪に問われた24歳の父親
  • 21日に判決公判が奈良地裁で開かれ、裁判長は無罪を言い渡した
  • 「被告の故意の暴行という確信部分が証拠で裏付けられていない」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング