【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今年最後の週となる来週、休暇を取る予定だ。週の後半になる可能性が高い。青瓦台(大統領府)関係者が21日、記者団に伝えた。ただ、来週休暇を取っても、今年の休暇はすべて消化できない見通しだ。

 大統領の休暇日数は特に決まっていないが、5月10日に就任した文大統領の場合、14日程度は休暇を取ることができる。これまでに7日休んだ。

 文大統領は大統領選挙期間中から休息の重要性を強調してきた。休暇を取ることが労働の効率性を高め、経済と雇用創出効果に及ぼす影響も大きいとする。青瓦台職員に対しても年次有給休暇を7割以上消化するよう促している。

 しかし、文大統領自身は前大統領の弾劾により政権引き継ぎ委員会なしに就任し、山積する懸案への対応や積極的な外交展開のために休暇を取るタイミングをつかむのが難しかった。

 文大統領が来週3日休めば今年の休暇取得は10日と、どうにか7割を超えることになる。