画像提供:マイナビニュース

写真拡大

KDDI、日立システムズ、トミス、イートラストは、福島市水道局の協力を得て、マンホールの遠隔監視におけるIoT向け通信規格LTE-M (Cat.M1) の有用性検証を共同で実施すると発表した。

LTE-Mは、4G LTEネットワークを利用するセルラーLPWAのひとつ。

今回の実証実験では、今後水道事業体などにおいて、設備保全や運用基盤としてLTE-Mが活用されていくことを見据え、技術の検証を目的に2017年10月に行ったという。結果、基地局から2キロメートル以上離れた場所にある福島市市街地のマンホール内にLTE-M試験端末を取り付け、LTE-Mによるマンホール内の遠隔監視が可能であることが確認できたという。

各社の役割は、KDDIがネットワーク提供 (LTE-M)および電波計測、日立システムズが実証実験実施サポート全般、トミスがマンホールへの機器取り付け作業、イートラストが電波計測支援、福島市水道局が実証実験フィールドの提供を行った。

本証実験で、LTE-Mの有用性を確認できたことによって、4社は、日立システムズとトミス、イートラストが2017年10月から提供を開始した「マンホールの防犯・安全対策ソリューション」において、KDDIのLTE-Mの活用を目指していく。