@AUTOCAR

写真拡大 (全8枚)

もくじ

どんなクルマ?
ー 718ケイマンGTS 「教科書どおり」

どんな感じ?
ー 「S」と「GTS」 違いがわかりづらい
ー ハンドリングは最高レベル しかし音が…

「買い」か?
ー 完ぺきだが「GTSゆえ」にあらず

スペック
ー ポルシェ718ケイマンGTSのスペック

どんなクルマ?

718ケイマンGTS 「教科書どおり」

今となっては、ポルシェのGTSモデルがどのようなクルマかは、AUTOCARの皆様ならば十分承知だと思う。人気のオプションを標準で装備させ、パワーを少し上げて、オプションを個別で選択した時よりも、少し安い価格で提供する。オシャレな新型ホイールやブラック・アウトされたディテールも忘れてはいけない。

そこに驚きはないが、既にポテンシャルの高いクルマに追加でダイナミズムとパフォーマンスを与えるGTSモデルは、どれも成功を収めている。

ターボで過給されるこのケイマンは、新しいタービンとインテーク・システムを得て、15psのパワーアップを図り、366psのパワーと43.8kg-mのトルクを誇る。

ほかにも、スポーツ・クロノ・パッケージ、機械式LSD、PASM(ポルシェのアダプティブ・ダンピング・システム)を標準で備え、さらに、20インチ・ホイールに、エクステリアに施されたブラックのアクセント、アルカンターラでフィニッシュされたインテリアなども備える。

このケイマンGTSは教科書通りの仕上がりであるが、過去の経緯だけを頼りに、手放しでお勧めというわけでもない。そうAUTOCARが思う理由を以下で説明したい。

どんな感じ?

「S」と「GTS」 違いがわかりづらい

たしかにアスカリ・リゾート・サーキットを4周した限りでは、素晴らしく良くできたクルマである。

ならば標準の718ケイマンから大いに進化したクルマなのか? 違う。

次期GT4の存在を曖昧にする存在なのか? 違う。

この星に生を受けた、最高のミドエンジン・スポーツカーなのか? それも違う。

これらの答えは、あきらかである。

場合によってはポルシェらしいパフォーマンスに心を奪われることもあるだろう。けれど正直なところ、標準の718ケイマンSと交互に乗り換えでもしない限り、その違いはわからないと思う。

今回の試乗で交互に乗り換えることは叶わなかったため、718ケイマンGTSの良いところと悪いところを報告しようと思う。

言うまでもないが、速いクルマである。このクルマに追加されたパワーはそれほどでもない。トルクの向上により、ターボで過給される718は、どれもパンチのある加速を示す。このクルマのどこを見渡してもケイマン以外の何者でもない。しかし、アクセルを踏み込んだ時の、2000rpmからの加速だけは別物なのである。

その加速とサウンドも言うまでもないが、GTSは、スピードに魅せられたドライバーの期待に応えるはずであるし、全ての入力に対してレスポンスよく応え、7000rpmまでとそれ以上を回すことを駆り立てる。

このクルマ、そして全てのケイマンにも言えることであるが、最も素晴らしいところはそのハンドリングである。

ハンドリングは最高レベル しかし音が…

これは、ミド・エンジンのニルバーナなのか?

エンジンをドライバーの直ぐ後ろに搭載していることが、そう言わしめる訳だ。

俊敏で、正確、そしてダイレクト。しかもドライバーのミスにも寛大である。26のコーナーを持つ迷路のようなアスカリのレイアウトでは、コーナーの中腹でレコードラインやブレーキのタイミングをはずしたりすることは茶飯事であるが、GTSはいたって寛大。お節介なくらいである。ドライバーは慣性マスの移動を感じることはあっても脅威ではない。

これらはドライバーがへまを侵した時に起こることであるが、一方で、ドライバーが上手くやったらどうなるかというと、ケイマンは実に見事である。どれほどかというと、BMW M2、アウディTT RS、そしてジャガー・F-タイプといったライバル達が、戦意を無くすほどである。

物凄く懐が深く、素晴らしくバランスが取れていて、やる気を駆り立てる、そういうクルマなのだ。インストラクターからスピードに対する注意喚起を受けても、尚そう思える。

では、何が問題だというのか? 冒頭で、標準モデルのケイマンSとの違いがわからないと言った。しかし、根底にあるのはそのサウンドである。そうなのである、やはり、そこである。

何を施そうとも、GTSのスポーツ・エグゾーストは、ボクサー・エンジンのくぐもった低音を、より鮮明に、より耳に届きやすく、そして、より耳障りにしている。

先代の6気筒エンジンを搭載したモデルでは、スポーツ・エグゾースト・スイッチは、飾りではなかった。しかし、このモデルでは、その役目を果たしていない。時速300kmを誇るスポーツカーにとっては、残念なことである。

「買い」か?

完ぺきだが「GTSゆえ」にあらず

残念であるとはいえ、GTSは1500万円手前で買えるスポーツカーでベストのハンドリング性能を持つ。標準モデルのSのオーナーは通常、ダイナミック・オプションを好んで追加しているため、このことがGTSとの差別化を難しくしている。

それらの追加オプションのコストは、SとGTSの価格差に反映されているため、エンジンとスタイリングのアップデートがさらに追加されているこのGTSは、かなりお買い得である。事実、GTSに必要な追加オプションはほとんど見当たらない。あるとすれば、ポルシェ製の耳栓だろうか。

ポルシェ718ケイマンGTSのスペック

■価格 5万9866ポンド(907万円) 
■全長×全幅×全高 4393×1801×1286mm 
■最高速度 290km/h 
■0-100km/h加速 4.6秒 
■燃費 11.1km/ℓ 
■CO2排出量 205g/km 
■乾燥重量 1375kg 
■パワートレイン 水平対向4気筒2497ccターボ 
■使用燃料 ガソリン 
■最高出力 366ps/6500rpm 
■最大トルク 43.8kg-m/1900-5500rpm 
■ギアボックス 6速マニュアル