画像提供:マイナビニュース

写真拡大

全日空(ANA)は12月20日、2018年4月から、新たな機内での過ごし方を提案するため、機内Wi-Fiインターネットを無料で提供すると発表した。

機内Wi-Fiインターネットサービスの対象機種は、B777、B787、B767、B737-800、A321型機のすべてのクラス。対象機の入り口にはサービスのロゴが掲載されている。

同サービスは、Panasonic Avionics Corporationによる航空機内インターネット接続サービス「eXConnect」を介して提供される。

あわせて、無料で視聴できるビデオやオーディオコンテンツなどの機内Wi-Fiエンターテイメントを100コンテンツ以上に拡大し、A321neo型機に続き、国内線の主力機であるB777/B787型機に順次シートモニターを装着する。

B777/B787型機へのシートモニター、USB充電ポート、パソコン電源の装着は2019年度下期以降、順次展開していくという。

ANAは2017年9月に、ANAの国内線仕様機として初となる全席にシートモニターを完備したA321neo型機を導入。A321neo型機は国内線で2機が運航しているが、2018年度末までに11機となる予定。