Samsung Displayが2018年に、AppleのiPhone向けに供給する有機EL(OLED)ディスプレイの数量は、今年の約4倍となる見通しです。

来年のOLED供給量は今年の4倍に

韓国メディアThe Investorによれば、Samsungが今年iPhone X向けに供給したOLEDの数量は、約5,000万枚と推定されています。同メディアが入手した情報によると、2018年のSamsungによるiPhone向けOLED供給量は1億8,000万〜2億枚で、今年の約4倍に相当します。
 
調査会社IHS Markitの見積もりでは、iPhone Xが搭載するSamsung製OLEDディスプレイの価格は110ドル(約1.25万円)なので、単純計算すると来年のSamsungのApple向けOLED収益は198億〜220億ドル(2.24兆〜2.49兆円)ということになります。

A3工場の歩留まり改善が理由

Samsungが来年、AppleへのOLED供給量を増やすのは、同社の「A3」パネル工場の歩留まりが改善されたのが主な理由のようです。
 
The Investorによると、今年初めの時点でのA3の歩留まりは約60%でしたが、後半になって80%を超え、現在はほぼ90%に達している模様です。歩留まり90%だと、Samsungは6インチOLEDパネルを年間約2億2,400万生産可能とされています。

2018年のOLED搭載iPhoneは2モデルに?

Apple情報通で知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、2018年には6.5インチおよび5.8インチのOLED搭載iPhoneと、6.1インチのLCD搭載iPhoneが発表されると予測しています。OLED搭載iPhoneが2モデルに増えれば、当然ながらOLEDの必要枚数は大幅に増加します。
 
ただしAppleは、ライバルであるSamsungのみにOLED供給を依存する現在の体制からの脱却を目指しており、12月初めにはLG DisplayとOLED供給の契約を結んだとも報じられています。

 
 
Source:The Investor via MacRumors
Photo:iFixit
(lunatic)