MacでiPhoneアプリが動くようになる? 2018年秋に統合とBloombergが報道

AppleはiPhone/iPadではタッチスクリーンで操作でき、Macではマウスとトラックパッドで操作できるアプリを開発できるよう準備中だという。Bloombergによればこれが公開されるのは来年で、AppleはiOSとmacOSという2大開発環境を統合し、2つの別々のアプリではなく単一のアプリとして開発できるようにするという。

Bloombergの記事によれば、 Appleはこの機能を来年秋のiOSとmacOSのアップデート(現行方式でバージョン番号が付与されるなら、それぞれv12とv10.14となる)に含めるという。通例、この時期の消費者向けOSアップデートの後に新しいiPhoneのモデルが発表される。新しいサイクルに新しいアプリが消費者の手元に届くようにするには、デベロッパー向けツールはもっと早くリリースされる必要があるだろう。Bloombergは毎夏開催されるAppleのWWDCデベロッパー・カンファレンスでこのプランがまず披露されるだろうと見ている。

アプリの共通化、さらにはApp Storeの一本化はMacアプリに強い追い風となるだろう。これまでMac App StoreはiOSのApp Storeに対してアプリのバリエーションでも消費者の意識上でも大きな遅れをとっていた。消費者としてApp Storeが統合され、入手したアプリが双方のプラットフォームで問題なく動くということになれば便利だ。

プラットフォームの統合はテクノロジー界のトレンドでもある。Googleは今年に入ってAndroidアプリがデスクトップのChrome OS上でも動くようにした。Microsoftもかなり前からSurfaceシリーズのタブレット/ハイブリッドと通常のノート/デスクトップを単一のWindows OSに統合している。

iOSとmacOSのアプリ・レイヤーの統合は、次にAppleがノートとデスクトップの心臓部に使うために独自のARMベースのチップを製造するようになるのではないかという観測も生み出している。プロセッサの種類を変える際の最大の問題は、なんといっても過去のすべてのソフトウェアが新しいCPUでも正常に作動することを保証するという点だ。そこでmacOSがIntelチップで動いているうちに、統合問題に前倒しで挑戦するというのは理にかなっている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@FacebookGoogle+)

外部サイト