バナナをより美味しく健康的に食べられると評判の「焼きバナナ」というレシピをご存知でしょうか。

豊富な食物繊維でダイエット・美容効果はもちろん、焼くことでオリゴ糖が増し腸内環境が整えられ、免疫力アップも期待できるのだとか。焼き調理をすることで糖度もグンと増し、寒い冬の朝食にも重宝するあったか美味なフルーツに変身してくれるんです!

皮ごとトースターで焼くだけ!

用意する食材は基本的にバナナだけ。まずはバナナの片側に包丁で切り込みを入れ、残っていればヘタの部分は切り落としておきましょう。

このバナナをアルミホイルの上に置き、トースターで片面ずつ5分〜7分程度加熱します。機種によって加熱時間は微調整してみてください。こんな感じに皮が黒く変色してきますので、まんべんなく真っ黒になるまでガツンと焼いちゃいましょう。

あとは皮を剥いてしまえば……いつものバナナがねっとりトロトロ食感になった焼きバナナが即完成! このまま食べてOKですが、お好みでシナモンなどを振るとより美味しくなりますよ。

トロリとした口当たりの中に甘味レベルがぐぐっと上がり、普通に食べるバナナとは別物のような濃厚スイーツ感! 柔らかいぶん一瞬で完食してしまい、物足りなく感じるぐらいの美味しさです。

フライパンとバターでも時短で香ばしく仕上がる!

トースターを使う以外に、フライパンで焼き調理する方法もあります。バナナの皮を剥いて半分に切り、1本当たり大さじ1/2程度のバターと一緒に投入。表面に焼き目がつく程度まで加熱したらさくっと出来上がりです!

フライパンで焼いた場合、バターと焼き目の香ばしさが際立って、香り的にはトースター調理よりもいい感じ。トロトロ食感と甘味レベルの強さはトースターでじっくり熱したほうが引き立つ印象ですね。調理方法はお好みで選んでみてください。

ちなみに輪切りにしてフライパン加熱すると、火が通りやすいので一瞬で超トロトロ食感のひとくち濃厚おやつに変身! これだけすぐに用意できるなら、朝食用にはもちろん、こたつでゴロゴロしながら食べるズボラおやつとしてもかなり優秀かも。年末休み中のこたつおやつとしてぜひ試してみてください!