作家 藤原敬之氏

写真拡大

漫然とサラリーマンを続けるだけでは「億万長者」にはなれない。雑誌「プレジデント」(2017年8月14日号)の特集「億万長者入門」では、5つの方法で富を手に入れた5人にそれぞれの方法論を聞いた。第5回は作家の藤原敬之氏が語る「外資へ転職」の極意について――。

■運とコネとしたたかさで競争を勝ち抜く

金融業界に身を置き、ファンドマネージャーをしていたとき、30代半ばでクレディ・スイスからヘッドハントされました。当時の年収は、勤めていた野村投資顧問では課長待遇で約1300万円。クレディ・スイスではベースのサラリーとして倍の約2600万円に加え、実績に応じてのボーナスが上乗せされました。

担当した200億円の日本株ファンドを4年で2200億円まで拡大させるなど、実績を重ねたので収入は倍々ゲームで上昇。40歳で外資系での役員にあたるマネージング・ディレクター(MD)に昇格し、最終的にはプロ野球のレギュラークラスぐらいの年収をいただきました。

このときの年収は、日本の一流企業では社長にでもならない限りもらえない金額でしょう。事実上給与に上限がないといっていい外資系企業の役員は、億万長者になる手段としては確かにアリだとは思います。

ただし、実現するのは至難の業です。先ほど年収はプロ野球選手並みと言いましたが、レギュラーになれるのは年間100人程度の狭き門です。外資系での日本人役員は、倍率や難易度という点ではそれ以上ではないかと思います。

■プロパーからの役員昇格はかなり難しい

外資系で役員になるためには、大きく2通りのルートがあります。1つは、外資系企業にプロパー社員として採用されて、その後出世を重ねるケース。もう1つは、日本の会社で実績を上げ、ヘッドハントされるケースです。私の場合、転職時はディレクターとして採用され、入社後にMDに昇格したので、その中間、どちらかといえば後者寄りです。

そして、実際にも後者のケースがほとんどです。新卒から外資系に入社して、そのまま役員に昇格するという人は非常に稀。というのも、外資系は日本企業のようにピラミッド構造になっていないからです。「ライン」と言われる、ボスを頂点とした縦割りの部門があって、ボスの立ち位置によってその部下の人事も大きく動きます。

仕えたボスがトップに就いて、自分が評価されていれば引き上げてもらえるけれども、そうでなければどんなに優秀でも、幹部になることは決してありません。これははっきり言って運です。そして、外資系は実力主義と思われがちですが、実際は日本企業以上に個人同士のコネやつながりがものを言う世界。だからこそ、手っ取り早いのは最初からラインのトップとして入るか、もしくはトップのすぐ下のポジションで入社することなのです。

ちなみに私を誘ってくれたヘッドハンターは、何百人も日本企業から外資系へ移籍させた凄腕だったのですが、転職後に役員までステップアップしたのは、私を含めて3人しかいなかったそうです。外資系における日本人の評価をシビアに表していると思います。

では、役員として外資系からヘッドハントされるためにはどうすればいいのか。まずは自分の意見や考えをはっきり伝えられる、基本的な英語力は最低限の条件です。もちろん話せるだけではダメで、物事を論理的に説明できるロジカルシンキングができないといけません。

■自分をより大きく見せることが重要

外国人には、将来あるべき理想の姿、ビジョンを明確に示すと響きます。そのためにはいつまでに何が必要で、今やるべきことはこれだ、と将来から逆算した論法が有効です。

私は、外国人の上司や部下と話し合うときには必ず三段論法を使うようにしていました。A=B、B=C、ゆえにA=Cというあれです。外国人に説明するときは、将来的なビジョン、現状と課題、今やるべき修正点や改革の3つを含めた客観的な論理を組み立てると、非常に説得力が出ます。

あとは、自分に何ができるか、どんなネットワークを持っているのか、自己プレゼンテーションをする力ですね。これは日本人の苦手分野ですが、慎み深さや謙虚さなど、外国人は全く評価しません。自分を実力以下に評価されることはあってはならないし、ある意味では実力以上に評価させるようなアピール力が必要なのです。

以前、日本の銀行でトップ争いに敗れ、外資系金融機関にヘッドハントされた人物がいました。先ほどの話と矛盾するようですが、その人は英語が話せませんでした。

しかし、自分が日本の銀行で残した実績、他の人や部下の仕事もすべて自らの功績として語り、人脈も財務省から日本銀行まであらゆるキーマンを知っていると話すなど、自分をより大きく見せることが上手な人だったのです。英語を話せないマイナスを補って余りある強みだと評価されたということです。

ただ採用後、チームマネジメント力に欠けることがわかって解雇されてしまいました。使えないと判断されればすぐに切り捨てられる、これも外資系の現実ですね。

■上から目線の外国人をビビらせる方法

しかし外国人といってもいろいろいます。金融系の外資系企業では、大体米国人か英国人のいずれかがトップに就いているので、私はそれぞれ対処法を変えていました。砕いて言うと“たらしこみ方”を使い分けていたのです。

まず米国人は、金融に関する知識や実績はすさまじい半面、教養的な面でコンプレックスを持っている人が多い。籠絡するなら、相手の弱みを突くのが鉄則です。古典文学を引用したり、クラシック音楽やアートなどの話をしたりすることで、「こいつはすごいな」と思わせることができるのです。

逆に、英国人は教養やリベラルアーツに関しては徹底的に学んでいるので、付け焼き刃の知識を披露すると墓穴を掘ることにもなりかねません。しかし、英国人はなぜか数学に弱い人が多いのです。あのアイザック・ニュートンを生んだ国なのに、不思議ですよね(笑)。

だから、ちょっとした説明をするときにも、意図的に総和記号のシグマや積分のインテグラルなどを用いて、数式を使って話をする。そうすると、彼らは「こいつ天才か」というような顔でこちらを見てきます。

欧米人は基本的に日本人に対して上から見てくるので、最初になめられたら終わりです。第一印象でいかに「こいつ違うな」と思わせられるかが大切なのです。

かくいう私も金融業界から引退し、現在は作家として生計を立てています。最初に『疑獄 小説・帝人事件』という本を書いたときは、雑誌での連載スタートから単行本になるまで約2年かかったのですが、その印税はMD時代の年収の約2日分。2年かけて2日分かとさすがに愕然としましたが、昨年には当時の1割ぐらいは稼げるようになりました。これもまた人生の妙味というものでしょうか。

----------

作家●藤原 敬之(ふじわら・のりゆき)
一橋大学法学部卒。農林中央金庫、野村投資顧問、クレディ・スイス、日興アセットなどで資産運用業務に携わる。累計で5000億円を運用してきた。
その後、波多野聖のペンネームで、小説『銭の戦争』シリーズなどを執筆。
本名での著作に『日本人はなぜ株で損するのか?』がある。
 

----------

(作家 藤原 敬之 構成=衣谷 康 撮影=岡村隆広)