ジローナ戦を前に決意を語るポポヴィッチ氏の姿を報じる2015年当時の「El Prederico」紙

写真拡大

 かつてJリーグでも監督として辣腕をふるい、今秋からインドネシアン・スーパー・リーグ(ISL)のFCプネー・シティの監督就任が決まったランコ・ポポヴィッチ。私と彼との会話は、常に「カズマは元気にしているか?」というセリフから始まる。言うまでもなく、「カズマ」とは彼がFC東京監督時代に指導し、筆者の友人でもある現ヴィッセル神戸主将のFW、渡邉千真選手のことである。

 久しぶりに会った私たちは、相変わらずこのセリフから始まった。二人の会話は、渡邉千真選手の近況から、彼がこれからみることになるタイのサッカーについての話題まで多岐に及んだ。

 そして、いつしか私達の会話は、サラゴサでの大逆転劇について、日本時代について、そしてあの超大物選手との真相についてと広がりを見せていった。
 「レアル・サラゴサ奇跡の大逆転劇」。筆者も一枚噛んだ、あのジローナとの一戦について、筆者が水を向けると、ポポは一呼吸おいて万感の思いを込めて答えた。

「あれは、わたしの人生でも一番忘れられない最高の思い出だな」

「オレもあれは忘れられないよ」

「あの日、試合が終わって列車でサラゴサまで帰ったらな、3000人以上の人が集結していたんだぞ。何の事前予告もないのに集まっていて、我々はもみくちゃにされたんだ。事前予告がないのだから、我々もそんなことになるとわかるはずがない。スタジアムにも、わざわざサラゴサから168人の人が来てくれていたんだよ。あの人たちには一年間の無料パスをプレゼントしてあげたいね」

 この熱烈歓迎の様子は、YouTubeにも公開されている。

「第一試合が終わって、更衣室に入ったら、選手全員下を向いて最悪の雰囲気になっていたよ。そこにクラブの役員が入ってきて、我々の目標はプレーオフ進出だった、ここまでこれただけでも十分だみたいなことを言ったんだ。だけど筆者は諦めるつもりはなかったから、お前らどうしたんだ、と怒鳴ったよ」

 同席していた親友の側近、ブラード・グルイッチが付け加える。

「まあみんな下を向いて落ち込んでいたんだけど、ランコが更衣室に入ってきたときに選手全員が一度だけ顔を上げたんだよな。そこでランコが言ったんだ。“次は勝つぞ。間違いなく勝つぞ”ってな」

「そういえば、オレのメッセージを見たのはいつだった?」と筆者が聞いた。

「更衣室に戻って、しばらくしてからだったな。スマホを開けて、お前の“チャンピオンズリーグ決勝のリヴァプールを忘れるな”を見つけて、すぐにブラードに見せたよ。“タカがこんなメッセージを送ってきてくれたぞ”とな」

 選手にはどんな指示を出したのか。

「どのみち次の試合まで三日しかない。今日は家に帰れ。家族とゆっくり過ごして、ワインの一杯でも飲んで、リラックスしろ。明日はいつも通りの練習だからな」

 今まで数多くのスポーツを取材して親しい選手・監督も増えてきた。いろいろな事例を見てきて一つ確信しているのは、「大一番直前に焦っているヤツは必ず負ける」だ。

◆スタジアムまで2kmの長蛇の列ができ、グッズはすべて売り切れ

 わかりやすい例として、テニスを挙げよう。

 テニスのシーズンは1月から11月まで続く。本格的なオフは一か月しかない。

 サッカーは一試合90分で、せいぜい週二回だ。テニスは3,4時間続くことがざらで、しかもグランドスラムなら一日おきに試合がある。

 中断が絡めば、三日連続も珍しくない。筆者はよく、冗談半分で友人のプロサッカー選手をからかう。「お前さんのスポーツ、テニスと比べたらラクだな」。

 まだ反論できた選手は一人もいない。なお、監督は一人反論してきた。ちなみに、アフシン・ゴトビという男である。

「そんなことを言うなら、一度筆者のスタッフと一緒にフットボールやってみるかね? テニスは走っていても、我らがフットボールと違い、毎回サーブの前に止まるではないか」

 話をテニスに戻すが、確かにテニスの日程は過密である。しかし、「自分でわざと過密にしてしまう」選手がいるのもまた事実である。筆者がここ数年観察してきた結果、「グランドスラム直前に小さな大会に緊急参戦する」選手は必ず負けるという一種の法則があることを悟った。

 要は中間期末試験の直前に一夜漬けをするような話であり、学生の世界でも通用しないようなことがトッププロの競争で通用するはずがないのである。

 実は全く別の機会に、当時サラゴサのDFだったマリオ・アブランテという選手にもバンコクで話を聞いたことがある。「あの試合に負けた翌日、練習場でランコはどんな顔してたんだ?」と聞くと、マリオは感嘆を隠せない様子で答えた。

「それが、いつもと全然変わらなかったんだよな。いつも通りの冷静な様子で、ランコは練習を進めていたよ。オレのプロ生活もそろそろ終わりだし、選手を引退してもフットボールに関わりたいとは思っているけど、あのときのランコの様子を見るととても監督は務まりそうにないな」

 再びポポの独白に戻ろう。

「元々熱狂的ということでスペイン全体に知られていたサラゴサだが、ここ数年は二部に落ちて財政難ということもあり、かつてあった誇りが失われていた。子供たちは、メッシやクリスティアーノ・ロナウドと違ってカッコ悪いからとレアル・サラゴサのシャツを着て学校に行くことがなくなっていたし、着ていた子がいじめられたという例もあったようだ。

 ところが、あの大逆転をきっかけに自分たちの子供がストライカーのボルハや中盤の要・ペドロのシャツを着るようになった、と会見のとき地元の記者が言ってくれたんだ。あれは嬉しかったな。

そして第二ラウンドのラス・パルマス戦で何が起きたか知ってるか? スタジアムまで2kmも行列ができたんだぞ。サラゴサのボールペン、旗、シャツ、タオル、とにかく何もかもが売り切れになったんだよ。最高だったね」

「ポポが監督に就任したとき、サラゴサは大変だったよな」筆者が聞いた。

「そうだよ。財政問題が深刻で選手に高額の年俸は払えなかった。選手にも怪我人が続出してな、元々18人しかいなかった選手がプレーオフのときには14人しか残っていなかった。怪我人のうち一人はストライカーのボルハだよ。リーグ戦最後の5試合は、ボルハ抜きで勝ち抜いてプレーオフ進出だからな」

 Airbnbを運営している我が家には、ときどきスペイン人が泊まりに来る。男はほぼ例外なくサッカー好きで、このサラゴサの大逆転劇を覚えている。

 そのときに筆者が「オレはスペインサッカーの歴史上、最初で、最後で、唯一のプレーオフ大逆転勝利を演出した日本人だぞ」と言うと、全員が文字通り鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする。それからポポの記者会見における「逆転勝利宣言」の映像を見せると、やっと納得する。

 もうしばらく、筆者もこのネタを使わせてもらうこととしよう。

【タカ大丸】
 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(三五館)は12万部を突破。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。
 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。公式サイト