新世代のイェーガー“ジプシー・アベンジャー”の姿が 『パシフィック・リム』続編ティザーポスター

写真拡大

 2018年4月に公開される映画『パシフィック・リム:アップライジング』より、ティザーポスターが公開された。

参考:「僕の日本文化への愛を詰め込んだ」 『パシフィック・リム』続編監督、製作中の作品について語る

 本作は、2013年に公開されたアクション映画『パシフィック・リム』の続編。前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏が戻っていた地球を舞台に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす模様を描く。

 主演を務めるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ。キャストには、前作から引き続き、KAIJUオタクのニュートン博士役でチャーリー・デイ、森マコ役で菊地凛子らが名を連ねるほか、新キャストとして新田真剣佑らが出演する。前作で監督を務めたギレルモ・デル・トロは製作として参加し、本作では、テレビシリーズ『デアデビル』のスティーヴン・S・デナイト監督がメガホンを取った。

 このたび公開された日本オリジナルのティザーポスターには、新世代のイェーガー“ジプシー・アベンジャー”の姿が捉えられている。水墨画のようなタッチで、しぶきの中に浮かび上がっているのは、ボイエガ演じる主人公ジェイク・ペントコストが乗り込むイェーガー。前作でローリー(チャーリー・ハナム)とマコが操縦し、世界を救った“ジプシー・デンジャー”をグレードアップさせた後継機であり、洗練されたフォルムや胸部に二つ目のタービンが増設されるなど、戦闘力が格段に増強されている。

 12月3日に来日したデナイト監督は、東京コミコン2017のメインステージに登場し、「これ以上愛せないというくらい日本は素敵な場所だね。ウルトラマン、マグマ大使、ジャイアントロボ、ゴジラ映画などが大好きで、KAIJU映画を作るなら東京をぼろぼろにするのは欠かせないよ。東京を破壊するとてもいいチャンスだったし、東京の人にとっては悪夢かもしれないけど、僕にとっては夢だったからね!(笑)」とコメント。そんな監督をはじめフィルムメーカーの日本に対する愛が強かったため、ティザービジュアルは日本限定の絵柄が採用されている。

 なお、2018年2月9日より全国の劇場(一部を除く)にて発売される本作のムビチケカードの前売特典が、ジプシー・アベンジャー“スイングマスコット”のクリアブルーverに決定。前売り特典以外に、2018年3月よりガシャポンにてSD(スーパーデフォルメ)フィギュアが発売される予定だ。(リアルサウンド編集部)