20日、韓国最高裁の裁判官候補として国会での人事聴聞会に臨んだミン・ユスク氏が、法曹界以外で最も尊敬する人物として「元慰安婦のおばあさん」を挙げたことが分かり、韓国で注目を集めている。写真は釜山・日本総領事館前の慰安婦像。

写真拡大

2017年12月20日、韓国最高裁の裁判官候補として国会での人事聴聞会に臨んだミン・ユスク氏が、法曹界以外で最も尊敬する人物として「元慰安婦のおばあさん」を挙げたことが分かり、韓国で注目を集めている。

ニュース1などの報道によると、ミン氏は20日午前から国会で開かれた自身に関する人事聴聞会に出席したが、これに先立ち18日、議員からの質問に対し上のように答えた書面を国会に提出していた。ミン氏は元慰安婦を尊敬する理由として、「日本に強制連行され、性奴隷として搾取されるという苦痛を強いられても、これを克服し全国民と全世界に知らせたことで、子孫らが歴史を正しく知るきっかけになってくれた」ことを挙げ、「引き続きこの問題を提起し全世界が注目できるよう努力した文化・芸術界の人々、社会活動家たちも併せて尊敬する」と明らかにしたという。

この表明に韓国のネットユーザーがさまざまな感想を寄せているが、ミン氏支持派はごく少数のようだ。コメント欄には「まさか、これが誤報でないとしたら恐ろしい世の中。最高裁の椅子に座ろうという人がこんな妄言を吐くとは」「時代の流れに便乗したってこと?」「自分の出世のためには慰安婦まで売るのか…」「まったくの芝居。慰安婦は同情すべき対象であって、人気取りのために利用する対象ではない」と批判の声が並ぶ。

また、「まともな精神を持った候補者を探すのがそんなに難しいの?」「こう言うくらいでないと文在寅(ムン・ジェイン)政権下で出世できないんだろう。理解はするけどちょっと悲しいね」と嘆く人も多い。

一方、ミン氏と元国会議員で夫の文炳浩(ムン・ビョンホ)氏をめぐっては、過去繰り返し道路交通法に違反していた事実がこのほど発覚し、ネット上の批判はますます強まっている。20日の人事聴聞会でもこの問題に関する質問が集中し、指摘されている過去22回の違反について「自身が運転していたのは2回で、(残りは)配偶者と配偶者の事務所の運転手が運転していたと把握している」と釈明し謝罪したミン氏だが、これにもネットでは「まず違反の回数が異常」「旦那になすりつけるとは恐ろしい」など冷たい反応が上がっている。(編集/吉金)