道端アンジェリカさんがカミングアウトした「乾癬(かんせん)」とは?(depositphotos.com)

写真拡大

 道端アンジェリカさんが告白したことから有名になった「乾癬(かんせん)」という病気。皮膚が赤く盛り上がり、銀白色のフケのようなものがぽろぽろと剥がれ落ちるのが特徴で、見た目の問題や周囲の理解不足などから生活の質(QOL)を著しく低下させる。

 また、「かんせん」という発音から「感染」と間違われることが多いが、実際は感染することはない。

 炎症性角化症のひとつである乾癬とはどのような病気か、東邦大学医療センター大森病院皮膚科・乾癬専門外来を担当している橋本由起医師に話を聞いた。

4つの症状とタイプ

 「乾癬の症状には、“乕罎赤くなる(紅斑)、皮膚が盛り上がる(浸潤)、6簀鮨Г領擽(フケのようなもの)ができて剥がれ落ちる、という主に3つの特徴がある。最初は、頭部(主に髪に覆われている部分)に脂漏性皮膚炎と似たような皮膚症状や、あるいは下腿(膝から下)の皮膚症状から始まることが多い。そして徐々に、身体全体に皮膚症状が広がっていく。また皮膚症状から遅れて、関節の痛みや変形を伴う場合もある」と橋本医師。

 皮膚症状だけのタイプを「最も普通の」という意味で「尋常性乾癬」といい、患者のおよそ9割がこのタイプだ。

 そして皮膚症状に加えて、リウマチのような関節の痛みや変形を伴うタイプを「関節症性乾癬」という。最初は皮膚症状だけが先行し、数年経過した後、関節症状が出ることが多い。関節症状を伴うものは全体のおよそ15%程度を占めるとされ、近年、関節症性乾癬と診断される患者が増えている。

 その他、溶連菌などの感染症に罹患した後に、水滴ぐらいの大きさの皮疹が急に全身に現れる「滴状乾癬」がある。抗生物質を内服するなど感染症を治療することで改善することもあるが、湿疹のような症状のため、治療をしないまま放置していると尋常性乾癬に移行する場合もある。

 また非常に発症はまれだが、発熱(灼熱感)や寒気、全身の倦怠感、むくみ、関節痛などを伴い、急激に全身の皮膚が赤くなり、うみをもった膿疱(のうほう)が多数現れる「汎発性膿疱性乾癬」という種類がある。生命に関わることもあるため、該当する症状が現れたら一刻も早い治療が求められる。

どうして乾癬の患者には、メタボ傾向の人が多い?

 アンジェリカさんは若い女性だが、発症者の男女比は8対2で、圧倒的に男性が多い。年齢的には20〜40代の働き盛りでの発症が多く、肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症(痛風)、動脈硬化症、心筋梗塞などの既往歴を持つ人が多いという特徴がある。

 「はっきりした発症原因はまだわかっていないが、自己免疫機能の異常によって起こると考えられている。『サイトカイン』と呼ばれる免疫に関わるたんぱく質が過剰に増えることにより、皮膚症状や関節症状などの炎症症状を引き起こすとされている。最近の研究では『IL-17A(インターキロン17A)』というサイトカインが乾癬の発症に深く関わっていることがわかってきている」

 ではなぜ、メタボリック症候群の人に乾癬の発症者が多いのだろうか。

 「最近の研究では、脂肪細胞から分泌されている『アディポカイン』という生理活性タンパク質が乾癬の炎症に関わることがわかってきた。アディポカインとは脂肪細胞から産生・分泌されるさまざまな生理活性物質の総称であり、その中の一つにアディポネクチンがある。これは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種で、エネルギー代謝に大きく関わっている物質で、血管修復作用や脂肪燃焼作用、血管拡張作用などの働きがあり、糖尿病を予防する効果や高血圧を予防する効果があるためメタボリックシンドロームを予防する効果などが期待されている。

 肥満が進むと、悪玉ホルモンとなる炎症性アディポカインの分泌が過剰になり、アディポネクチンの分泌が減る。肥満が多い乾癬の患者では炎症性アディポカインが過剰に増えることでアディポネクチンの分泌が減少し体内で様々な炎症が起こる。そのため乾癬の患者ではメタボリックシンドロームを合併していることが多く、皮膚症状や関節症状以外にも代謝障害や血管障害など生命に関与するような疾患を発症する可能性があるので注意が必要である。」と橋本医師は解説する。

 実際、過体重の状態からダイエットし、脂肪細胞を減らすことで乾癬の症状は改善に向かうことが多いのだという。

 その他、乾癬の発症要因となりうるのは、喫煙、紫外線、化学物質、ストレスなどが挙げられる。これらは自己免疫疾患の多くと共通しており、近年は乾癬が、関節リウマチやSLE(全身性エリテマトーデス)などと同じ「自己免疫疾患」のひとつとして捉えられることが多い。後編では、最新の治療方法などを紹介する。
(取材/文=渡邉由希・医療ライター)


橋本由起(はしもと・ゆき)
東邦大学医学部皮膚科学講座講師。
東邦大学医学部卒業後、同大学皮膚科学第1講座入局、2007年、同講座助教。2008年、ハーバード大学医学部皮膚科リサーチフェロー、2009年、シンシナティ大学医学部皮膚科リサーチフェロー。
2010年、東邦大学医学部皮膚科学講座助教として復職、2011年、同医局長、2015年、病棟医長、2017年より現職、外来医長。