環球時報傘下の環球世論調査センターはこのほど、「2017年中国国家イメージ及び国際影響力世界調査報告書」を発表した。写真は中国新4大発明。

写真拡大

環球時報傘下の環球世論調査センターはこのほど、「2017年中国国家イメージ及び国際影響力世界調査報告書」を発表した。同報告書によると、外国の8割以上の回答者は、中国が世界的な強国の仲間入りを果たしつつある、もしくは果たしたと判断している。彼らにとって中国の最も際立った国際的なイメージは「複雑」と「自信」。うち周辺諸国よりも非周辺諸国の回答者の方が、中国が世界的な強国としての科学技術力を持つことを認めていた。科技日報が伝えた。

今回の調査は今年11月11日から12月8日にかけて行われた。有効回答数は1万7583人で、世界六大陸・17カ国を網羅。中国のほかに、米国、ロシア、日本、ドイツ、英国、フランス、ブラジル、南アフリカなど、世界的に重要な影響力を持つ国が含まれている。

海外16カ国での調査結果によると、「中国はすでに世界的な強国の仲間入りを果たしたか」という設問に対して39.7%が「果たした」、42.4%が「果たしつつある」と回答した。「まだ」は10.1%のみ。また、中国の回答者はこの設問について慎重な態度を示し、「果たした」は30.5%と、海外を9.2ポイント下回った。

「中国は世界的な強国として、どのような条件を満たしているか」という設問に対して、海外16カ国の回答者のうち66.4%は「経済力」とした。同設問について、周辺諸国よりも非周辺諸国の回答者の方が、中国が世界的な強国としての「科学技術力」を持つことを認めていた。そして非周辺諸国よりも周辺諸国の回答者の方が、中国が世界的な強国としての「政治・外交の影響力」と「軍事力」を持っていることを認めていた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)