飲み会が一気に増えるこのシーズン。エリアはやっぱり恵比寿が集まりやすい。

少人数でしっぽりも、大人数でワイワイも、どちらでも使えるのが、「鍋」だ。

どこでも食べられる普通の鍋じゃない、アレンジを効かせたイマドキ鍋を押さえておくべし!



「葉衣しゃぶしゃぶ」
古民家でしっぽり。『イワカムツカリ』の“葉衣しゃぶしゃぶ”

恵比寿に佇む、大正時代に建てられた一軒家。不思議な響きの店名「イワカムツカリ」とは、日本料理の祖神、醸造の神である磐鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)が由来。

心から安心できる食事を供したいという想いのもと、オーナー・内山昭氏が辿り着いた大人の居酒屋だ。

宗田鰹、うるめ鰯、鯖を独自に配合した出汁に、日本酒をたっぷりと1合注げば、「葉衣しゃぶしゃぶ」の準備は完了。まず、早採り若芽で素材の旨みを堪能する。



店で22時間かけて発芽させた富山県産「医王の舞」の発芽玄米おじや

使用される肉は、モッチリ食感と深い味わいが魅力的な、無薬飼育の先駆け的存在である「えばらハーブ豚 未来」の肩ロース。

オーダー後にスライスされるこだわり。都内でも扱いの少ない稀少な銘柄である。

それを、自家製のたれにつけ、“葉を衣”にしていただく。季節を感じる見目麗しい野菜は、愛知県の三河など全国から届く有機無農薬野菜。内容は季節によって替わる。

〆は、じっくり出汁を吸わせた玄米に溶き卵を入れたおじや。完膚無き迄に胃袋をギュッと掴まれる。



自家製煎り酒に白醤油、みりんなどを加えた特製だれ



内観




「鴨すき」
京都生まれのニクイ鍋。『とりなご』の鴨すきがすごい!

芸能人のファンも多い恵比寿の鳥料理専門店『とりなご』。名物の鴨肉はもちろん、鴨団子、ダシ、ネギ、すべてにこだわった「鴨すき」だ。

京都福知山生まれのシンプルな鍋だが、そのおいしさは見た目以上をお約束!



鴨団子を入れるとふんわりと鶏とダシが合わさった香りが漂う

「鴨すき」をオーダーするとダシが入った鍋と大量のネギ、そして華のように美しく並べられた鴨肉がテーブルへと運ばれてくる。

まず、ダシが沸騰してきたら鴨肉の中心にある「鴨団子」ひと口サイズにして全て入れよう。鶏肉と鴨肉、ショウガ、ニンニク、ゴマ、ネギなどが入った鴨団子の旨みが、ダシ全体に広がっていく。



ひと口飲んだ瞬間に「来て良かった!」と思うはず!

少し煮立てたらダシだけで味わってみて欲しい。昆布とカツオ、醤油のあっさり和風ダシに、鴨団子旨みが合わさって口の中が一気に「鴨すき」モードに変換される。



まずはそのまま何も付けずに!柔らかなネギと鴨肉の相性は抜群

ダシの美味しさを楽しんだら、いよいよ鴨肉の出番だ。鴨肉は煮過ぎると固くなるため、食べる分だけを少しずつ鍋に入れていこう。

鴨肉を入れたら、ネギもどっさりと鍋へ!食べ頃は鴨肉が15秒、ネギは5秒。どちらも食べる直前に入れるのが美味しい食べ方だ。

また、『とりなご』には、つけダレがないのも特徴。ネギと鴨肉をおいしいダシの旨みだけで味わうのだ。使用している鴨肉は、脂の旨みが高い上質なものを厳選して仕入れている。そのため鴨特有のニオイなども一切なく、とにかくおいしい。



イチ押し薬味はカボス。味の変化も楽しもう ※カボスは期間限定提供

鴨とネギだけの味を味わった後に、薬味が登場。ゆずこしょう、七味、カボスの3種を用意してくれる。



鍋の〆はそば、うどん、ラーメン、雑炊から選べる

温かな鍋が食べたくなる季節。『とりなご』の「鴨すき」でほっこり温まってみてはいかがだろうか。


自然薯入りの鍋も絶品です!



豪快に鍋に流し込まれる自然薯にあちこちから歓声があがる!
絶品自然薯鍋で熱くなれ!『裏恵比寿 自然生村』

モデルや芸能人も通う名店『裏恵比寿 自然生村』。なんとそのほぼ9割は女性客だという。そして一度来たらリピーターになること必至の美味しさなのだ。

店主・越田裕之氏が、全国を食べ歩き最も惚れ込んだ食材が「自然薯」。その良さを伝えたいと「すりおろし自然薯とろろ鍋」などさまざまな自然薯料理を提供している。

リピーターも続出の名物「すりおろし自然生とろろ鍋」。同店を訪れたら迷わずこれをオーダーしよう。

鍋が運ばれてきて、少し経つと今度はすり鉢にたっぷり入った自然生のすりおろしが登場!

スタッフが豪快に鍋全体を覆うように流し込む様子は、思わず動画を撮りたくなるほどの迫力。もちろん、パフォーマンスだけでなく味も抜群に旨い。秘伝の和風出汁に白菜、水菜、豆腐などの他、選べるメインの食材が入る。



「すりおろし自然生とろろ鍋」

鍋のメイン食材は、注文の際に選ぶことができる。初めて同店を訪れたならば、迷わずに「和牛のプリプリホルモン」を注文してみてほしい。

厳選された和牛の小腸を使用しており、どんなに煮ても固くなりにくいという。また、煮込むほどにホルモンのコクが出汁になじみ、シメの味も一層おいしくなるというのだ!

その他のメインも、「マグロ入り自家製つくね」、「トロ豚とたっぷりみぞれ」、「広島産カキとキノコづくし(季節限定)」と魅力的なものばかりで、リピートして全制覇してみたくなる。



「とろろ雑炊」は、どんなに胃がパンパンでもねじ込んで帰りたい!

鍋をたっぷり堪能したら、シメには「とろろ雑炊」を注文して欲しい。これがもうシメにしておくにはもったいないほどの美味しさである。

鍋にご飯、溶き卵を投入した後に、すでにたっぷり入っている自然薯も追加!自然薯、ホルモンの旨みが和風出汁にギュッと濃縮され、その旨み全てをご飯が吸い込んでいく。

こんな贅沢な品が、美味しくないわけがないのだ。



靴を脱いで寛げる座敷を24席備える

『裏恵比寿 自然生村』は、1ヶ月前からの予約が可能。(例:12月20日の予約は11月20日からスタート)なるべく来店希望日の一ヶ月前に電話で予約しておくのがベストだが、平日の遅めの時間などは空いている日もあるという。

今年も残りわずか!自然薯鍋で体力を補給して、ラストスパートをかけよう!




旨みたっぷりの鴨しゃぶに腹も心も満たされる
横並びカウンターで鴨しゃぶデート『BeTTei finetable feat.HASHIN』

恵比寿駅にほど近い立地ながら、表通りからは外れた静かな一角に『BeTTei finetable feat.HASHIN』はある。毎朝、葉山に住むオーナー自ら仕入れる鎌倉野菜が人気を集める和食処だ。コンセプトは“快食”。

おいしく、体にやさしく楽しい食事を目指して朝採りの鎌倉野菜や新鮮な魚介、そして、オーナーの松島健二氏が「キング・オブ・ミート」と惚れ込んでいる青森県産の“銀の鴨”を用いた料理を提供する。



広々としたオープンキッチンのカウンターでは、ゆっくり流れる時間を楽しみたい

季節問わずに人気なのが、鴨の旨みを存分に堪能できる本鴨のしゃぶしゃぶ。たっぷりの野菜とともに食す鴨は、濃厚で野性味があるのにクセがなく、身質はしっとりしている。

「まさに極みの鴨肉。いろいろと食べ比べたが断トツに旨かった」と松島氏。おいしさと身体との調和を第一に厳選した食材には、食べ手を元気にするパワーがある。「さぁ、2軒目どうする?」そんな会話も盛り上がるに違いない!




「石狩鍋クラッシコ」(2〜3人前)。厨房であらかじめ煮たものを食すスタイル
白味噌の優しい甘みがシャンパンを進ませる罪な鍋『鮭殻荘』

2014年オープンした鮭が主役の魚介ビストロ『鮭殻荘』。当然、鮭を使った北海道の鍋料理として有名な「石狩鍋」もオンメニュー。

しかも、現在石狩市で展開されている「石狩鍋復活プロジェクト あき味の会」の加盟店でもあるというから、これは筋金入りと見た。

鮭の身のぶつ切り、中骨などのあらのほか、甘みをもたらすキャベツ、じゃがいも、人参など石狩直送の野菜やつきこんにゃく、豆腐も入って具だくさん。昆布だしベースで、味付けは白味噌。煮立て過ぎないことでコクはあるけどあっさりとした味わいで、繊細な泡と好相性。



「生鮭の食べ比べ」。メニューは一例

とにかく魚介料理が絶品の店だ。

サーモン色のロゼワインも揃っているから、2本目はそちらにシフト、もまた楽し。