アジアインフラ投資銀行(AIIB)は北京で19日、理事会が地域外のクック諸島とバヌアツ、地域内のベラルーシ、エクアドルの計4カ国をメンバーに加えることを認可したと発表した。これで、メンバーは84カ国・地域となった。資料写真。

写真拡大

アジアインフラ投資銀行(AIIB)は北京で19日、理事会が地域外のクック諸島とバヌアツ、地域内のベラルーシ、エクアドルの計4カ国をメンバーに加えることを認可したと発表した。これで、メンバーは84カ国・地域となった。新華社が伝えた。

4カ国は加入認可を受けた後、自国での法的手続きや出資金の銀行振り込みを済ませ、正式に構成国となる。新構成国には、AIIBが分配せずに保留していた株式が分配される。

2016年1月に発足した際、AIIBの構成国は57カ国・地域だった。その後、16年3月、5月、今年6月に、計23カ国・地域の加入が認可された。それらの新構成国はすでに関連手続きを済ませている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)