陳菊市長(右から2人目)=高雄市政府提供

写真拡大 (全2枚)

(高雄 20日 中央社)高雄市政府経済発展局は19日、同市に拠点を構える優良日系企業を表彰した。市内で開かれた表彰式に出席した陳菊市長は、日系企業が同市への産業発展に貢献していることに感謝を示し、同市とのさらなる協力関係の深化に期待を寄せた。

同市で事業を展開する外資系企業で日系企業が最多を占めており、同市はさらなる投資を促進するため、毎年優良な日系企業を選出し、表彰している。今年表彰されたのは、台湾関口工業、東麗尖端薄膜、台湾日電産三協の3社。選出理由として、いずれも100人を超える雇用を創出したことが挙げられた。また、同市に今年、拠点を新設した企業も表彰。野村貿易、JTB台湾高雄営業所、台湾東喜ロ機能膜が選出された。(ロ=王へんに路)

同市は専門の窓口を設け、積極的に日系企業の対応に当たっていくとしており、同市への投資を歓迎すると呼び掛けている。

(編集:楊千慧)