本田真凜【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…9月に16歳の新星がその名を世界に轟かせた熱演

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は9月にフィギュアスケートの本田真凜(関大高)が見せた衝撃のシニアVデビューだ。「トゥーランドット」に乗せた華麗な舞いに、後塵を拝した2歳年上の全米女王も「本当に美しく、エレガント。朝飯前のようだった」と脱帽していた。

「Marin Honda」の名前が一躍、世界に轟いた。晴れ舞台となったのは、9月16日(日本時間17日)に行われたUSインターナショナルクラシック(米ソルトレイクシティ)のフリーだった。

 本田はトリノ五輪金メダルの荒川静香さんが演じた「トゥーランドット」を舞い、冒頭の3回転ルッツで着氷すると、続く3回転フリップ-3回転トーループの連続ジャンプも成功させるなど、全ての項目で加点を得るハイレベルな演技を披露。空気が薄い標高1300メートルで酸欠になりかけ、演技後はぐったりと倒れ込んだが、見事に優勝をたぐり寄せた。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は、16歳の熱演に「ホンダ、ソルトレイクシティで金とともにシニアデビュー」と特集を組み、「彼女の年齢を錯覚させるトゥーランドットの曲で目を見張るような輝かしいパフォーマンスを披露した」と最大級の評価を与えた。

全米女王チェンも「本当に美しい」と感銘…12月21日から勝負の全日本選手権へ

 本田の迫真の演技に対し、記事では「現アメリカ王者のカレン・チェンは、素晴らしいパフォーマンスを披露したホンダに大きな感銘を受けることになった」と紹介。さらに、本人が称賛したコメントを伝えた。

「彼女は本当に美しく、エレガントだった。氷の上を流れるその姿は、本当にアメージングだった。すべてにおいて華麗に見えた。それはまるで朝飯前のようだったわ」

 チェンは昨季の全米選手権でショートプログラム1位、フリー1位の完全優勝。初出場となった世界選手権も表彰台にあと一歩に迫る4位に入賞した。いわば本田にとって実績では格上に当たる18歳を凌駕し、衝撃のシニアVデビューで秘めた才能を認めさせた形となった。

 本田はその後のグランプリ(GP)シリーズにも初参戦。第2戦のスケートアメリカで5位、続く中国杯でも5位と表彰台に立てず、GPファイナル進出を逃した。五輪選考会を兼ねた全日本選手権が、いよいよ21日から開幕。平昌五輪の日本女子枠は2つで、全日本の優勝者は代表に決定するだけに、4年に一度の祭典の権利獲りへ、大一番を迎える。(THE ANSWER編集部)