10月16日、公判後にソウル中央地裁を出る朴氏=(聯合ニュース)

写真拡大

◇検察が朴前大統領に出頭要請 裏金上納事件で

 検察関係者は20日、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代に情報機関・国家情報院(国情院)が朴氏側に裏金を上納していた事件で、拘置所に勾留されている朴氏について容疑者として聴取する方針を明らかにした。22日午前の出頭を求めたという。ただ、朴氏は健康上の理由などを理由に出廷を拒否しており、検察の出頭要請に応じる可能性は低いとみられる。

◇大統領府 北が挑発すれば「韓米演習の延期問題に影響」 

 青瓦台(大統領府)の関係者は20日、来年2月からの平昌冬季五輪・パラリンピック期間中の韓米合同軍事演習の延期問題について、北朝鮮の挑発動向と「連動せざるを得ない」と述べ、北朝鮮が五輪前に新たな挑発に踏み切れば延期問題に影響するとの考えを示した。記者団に語った。韓米は毎年春に朝鮮半島有事に備えた合同軍事演習を実施している。この関係者は「北が再び挑発すれば国際的な世論が悪化し、国連安全保障理事会の制裁が伴う可能性もある」とし、軍事演習の延期検討は「北の挑発があってはならないという強い意思を文在寅(ムン・ジェイン)大統領が表明したものと受け取れる」と述べた。

◇韓国第2野党代表 第3野党との合併問う投票提案

 第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は、賛否が分かれている保守系の第3野党「正しい政党」との合併問題に関し、全党員による投票を提案した。安代表側は速やかに投票を進め、今月末に結果を発表する方針を示した。国民の党の関係者によると、安代表側は投票の実施が党務委員会を通過した場合、今月27〜28日にオンライン投票、29〜30日に電話投票を行って31日に投票結果を発表する方針だという。

◇外国人労働者の半数 月給20万円台

 統計庁と法務部が発表した報告書によると、韓国で働く外国人労働者の約半数が月200万ウォン(約20万円)台の賃金を受け取っていることが分かった。外国人就業者は約83万4000人で、このうち賃金労働者は約80万人だった。 また、就業した外国人の60.9%が仕事に満足していると答えた。

◇京畿道・竜仁で検出の鳥インフル 高病原性 

 環境部傘下の国立環境科学院は、ソウル近郊の京畿道竜仁市で採取された野生の鳥類のふん便から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと明らかにした。今年10月以降、野生の鳥類から高病原性のウイルスが検出されたのは4度目。