画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ANAは20日、2018年4月から国内線の機内Wi-Fiサービスを無料提供すると発表した。

ANAの機内Wi-Fiサービス「ANA Wi-Fi サービス」は、無線LANを搭載したPCやスマートフォン、タブレットなどが、飛行機内でインターネットに接続できるようになるサービス。従来は有料で提供していたが、2018年4月1日から無料で提供される。合わせて、機内Wi-Fi向けに用意された動画やオーディオコンテンツの数も増加する。

ANA Wi-Fi サービスのロゴ

利用には公式のiOS/Androidアプリ「ANA」のダウンロードが必要。アプリから「国内線 機内WiFi」を選択すると、機内のアクセスポイントに接続できる。対象機材はB777・B787・B767・B737-800・A321型機のすべてのクラス。ANA Wi-Fi サービスのロゴが機内入口に添付されている便で提供される。

飛行機内のWi-Fiサービスでは、JALが2017年6月に、国内線における機内Wi-Fiサービスの無料化を実施している。